野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

大谷を口説き落とすのは? 米メディア、面談7球団のセールスポイントを分析

日本ハムからポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャー移籍を目指す大谷翔平投手は、4日(日本時間5日)に滞在先のロサンゼルスでメジャー球団との面談をスタートさせ、第1号としてジャイアンツが招かれたと米メディアが報じている。本命視されていたヤンキースなどが落選となる中、大谷サイドから面談に招待されたと報じられているメジャー7球団はいかにして「イエス」を引き出すのか。米メディアが各球団の直接交渉での戦略を占っている。

去就が注目される日本ハム・大谷翔平【写真:田口有史】
去就が注目される日本ハム・大谷翔平【写真:田口有史】

すでにジャイアンツが面談を終えたとの報道も、それぞれの良さは…

 日本ハムからポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャー移籍を目指す大谷翔平投手は、4日(日本時間5日)に滞在先のロサンゼルスでメジャー球団との面談をスタートさせ、第1号としてジャイアンツが招かれたと米メディアが報じている。本命視されていたヤンキースなどが落選となる中、大谷サイドから面談に招待されたと報じられているメジャー7球団はいかにして「イエス」を引き出すのか。米メディアが各球団の直接交渉での戦略を占っている。

 アメリカで加熱の一途をたどる“大谷狂騒曲“。現地時間22日(同23日)までの交渉期間で米メディアによる連日の大報道も予想される中、「ショウヘイ・オオタニの争奪戦でファイナリスト7球団を徹底分析」と特集したのはESPNだった。

 アルファベット順で真っ先に登場したのはシカゴ・カブスだ。

 MLBの新労使協定の規約では、アメリカ国外の25歳未満の選手はアマチュア扱いとなるために、23歳の大谷が手に出来るのは各球団に毎年割り当てられるインターナショナル・ボーナス・プールと呼ばれる契約金総額の限度内となる。

 カブスが大谷に提示できる契約金は30万ドル(約3375万円)に留まるが、特集では「彼らはオオタニに一流の勝者のフランチャイズをオファーできる。若き才能に溢れた全ての野手とともに戦う、エースの先発投手だけが足りない球団だ」と指摘している。

 クリス・ブライアント内野手ら若手スーパースターを擁する2016年のワールドシリーズ王者だが、唯一の補強ポイントはジェイク・アリエッタ投手がFAとなった先発ローテーションのエース格。そして、大谷は米上陸直後からWS制覇を狙える環境でのプレーが可能になるという。

人気記事ランキング