野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

新球種も検討する鷹ベテラン五十嵐、理想と現実の狭間で揺れる胸中

長く一線級で活躍するためには、尽きることのない向上心が必要だと感じさせられる。今季プロ20年目を終えたソフトバンクの五十嵐亮太投手のことだ。12月1日、主力選手の先陣を切って契約更改交渉に臨んだ右腕は、1000万円増の推定3億6000万円で来季の契約を更改した。2015年オフに2年契約を結び、付帯していた自動更新オプションの条件を2年間でクリア。自動的に1000万増で1年の契約更新となった。

ソフトバンク・五十嵐亮太【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・五十嵐亮太【写真:荒川祐史】

来季プロ21年目も衰えない向上心、第一線で活躍する原動力

 長く一線級で活躍するためには、尽きることのない向上心が必要だと感じさせられる。今季プロ20年目を終えたソフトバンクの五十嵐亮太投手のことだ。12月1日、主力選手の先陣を切って契約更改交渉に臨んだ右腕は、1000万円増の推定3億6000万円で来季の契約を更改した。2015年オフに2年契約を結び、付帯していた自動更新オプションの条件を2年間でクリア。自動的に1000万増で1年の契約更新となった。

 21年目のシーズンに向けて新たな契約を結び、「若い子たちと競争するつもりですけど、そこを追い求め過ぎても柔軟に対応できなくなりそうで。柔軟に対応できるようにしたい。この年なので1年1年が勝負になってくる。そこは意識せざるを得ないですよね」と語った。

 1997年ドラフト2位で敬愛学園高からヤクルトに入団した五十嵐。米MLB挑戦を経て、2013年にソフトバンクに入団。来季はプロ21年目を迎える。今季は46試合に投げて6勝0敗11ホールド0セーブ、防御率1.73。シーズン序盤から中盤にかけて中継ぎながら勝ち運に恵まれて白星を量産。左太もも裏肉離れで途中離脱したものの、38歳、20年目のシーズンとしては上々の成績を残した。

 主力として活躍を続けている五十嵐。衰えぬ向上心、探求心が、今でも150キロに迫るストレートを投げる肉体を支えている。昨季オフは38歳にして、メキシコのウインターリーグに挑戦。プロ入りから今季までに登板した754試合全てが中継ぎ登板にも関わらず、加入した球団側の“勘違い”によって先発まで経験し、それすらもポジティブに捉えた。

人気記事ランキング