野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武炭谷が第9代会長に就任 日本プロ野球選手会の使命とは

日本プロ野球選手会は、12月7日に一般社団法人通常総会および組合定期大会を開き、嶋基宏選手会長(楽天)が退任し、組合のトップである第9代選手会長として炭谷銀仁朗選手(埼玉西武)が就任することを発表した。

第9代選手会長となった西武・炭谷銀仁朗【写真:荒川祐史】
第9代選手会長となった西武・炭谷銀仁朗【写真:荒川祐史】

30歳の球界代表する捕手、新会長就任に「責任は重い」

 日本プロ野球選手会は、12月7日に一般社団法人通常総会および組合定期大会を開き、嶋基宏選手会長(楽天)が退任し、組合のトップである第9代選手会長として炭谷銀仁朗選手(埼玉西武)が就任することを発表した。

【PR】「DAZN」なら西武戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 炭谷新選手会長は「もうすぐ大きな国際大会が3つ(2019年「プレミア12」、2020年東京五輪、2021年「ワールド・ベースボール・クラシック」)控えているので、僕自身ができることを全力で取り組んでいきたい。お話を頂いた時には、そういう役割に選んでもらったと、うれしく思いました。責任は重いですし、やることはたくさんありますが、光栄なことなので引き受けさせていただきました」と笑顔を見せた。

 そもそも日本プロ野球選手会とは、東京都地方労働委員会に認定を受けた労働組合であり、プロ野球12球団に所属する日本人選手全て(一部の外国人選手を含む)が会員となっている。プロ野球は日本屈指の人気スポーツでもあるにも関わらず、選手の寿命が短く社会保障も不十分であることなどの問題を受け、主にその地位向上を目的として1985年に発足。選手の地位向上に関する諸問題の対応、全国各地での野球教室や各種チャリティ活動など、公益的な活動に取り組んでいる。

 公式ホームページ では、嶋前選手会長が選手会の活動内容について、「自分が現役中に(活動の成果を)享受できる待遇かどうかに関わらず、未来のプロ野球界にとって望ましいかどうか、若い才能が躊躇なく飛び込んでこられる世界であり続けるか」「1年1年勝負をかけている選手が、最高のプレーを見せることに集中する上での問題点を具体化し、臆することなく主張していく。そして引退後も、プロ野球が魅力に溢れる憧れの場所であり続けるために何をすべきかをも考える」と説明している。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬