野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍・稲葉監督、大谷に太鼓判 「二刀流出来る」「溶け込める」「愛される」

野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督が10日、建山義紀投手コーチとともに埼玉県内で行われた日本通運主催の野球教室「日本通運×侍ジャパン 野球教室」に参加し、埼玉県内、そして全国各地から集まった102人の小学生を指導した。

侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:Getty Images】
侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:Getty Images】

侍ジャパンへの招集には「出てもらいたい。でも、その時になってみないと…」

 野球日本代表「侍ジャパン」の稲葉篤紀監督が10日、建山義紀投手コーチとともに埼玉県内で行われた日本通運主催の野球教室「日本通運×侍ジャパン 野球教室」に参加し、埼玉県内、そして全国各地から集まった102人の小学生を指導した。

侍ジャパン選手が生まれた“理由” 若手育成のスペシャリストが明かす「一流になるためのヒント」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 晴天に恵まれた中、ティー打撃などで子供たちのプレーにアドバイスを送り「野球日和でありましたし、子供たちも非常に素直で野球が上手くなりたいという情熱が伝わりました。レベルも高かったですし、非常にいい1日になりました。ジャパンのユニホームを見て、これを着たいと思ってくれるのが1番嬉しいことなので、ジャパンを着て野球教室が出来て良かったと思います」と語った。

 2005年から2014年まで日本ハムでプレーしていた稲葉監督。当然、話題は米MLBエンゼルスへの移籍が決まり、この日入団会見を行った大谷翔平投手のことに。引退した2014年まで2年間はチームメートとしてプレーしており、まず「彼の夢ではありましたし、夢を現実にさせたなと。私も嬉しく思います」と移籍を喜んだ。

 さらに「彼は人柄もいいし、コミュニケーションもとれますので、新しい環境にいって、日本語もなかなか通じない選手の間でもコミュニケーションとりながら溶け込んでいけると思います。(外国人だけの中でも)やっていけると思いますよ。彼は人柄も含めてやっていける。チームからも愛される選手になっていくと思います」と、すんなりとチームに溶け込めるだろうと太鼓判を押した。

人気記事ランキング