野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武
  • 10人チームで補欠、目指したのは体育教師…雑草捕手がたどり着いたプロの世界

10人チームで補欠、目指したのは体育教師…雑草捕手がたどり着いたプロの世界

北海道の国公立大から初めてNPB入りする選手がいる。西武から育成ドラフト2位指名を受けた北海道教育大岩見沢校の斉藤誠人捕手だ。札幌学生野球連盟では4年間一度も1部に上がることなく、2部でプレーした。異色の球歴を持つ男は、運命に導かれるように、プロの世界に飛び込む。

西武から育成ドラフト2位指名を受けた斉藤誠人【写真:石川加奈子】
西武から育成ドラフト2位指名を受けた斉藤誠人【写真:石川加奈子】

異色の球歴持つ斉藤誠人、北海道の国公立大から初めてNPB入り

 北海道の国公立大から初めてNPB入りする選手がいる。西武から育成ドラフト2位指名を受けた北海道教育大岩見沢校の斉藤誠人捕手だ。札幌学生野球連盟では4年間一度も1部に上がることなく、2部でプレーした。異色の球歴を持つ男は、運命に導かれるように、プロの世界に飛び込む。

【PR】「DAZN」なら西武戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 ドラフト当日、インターネットで指名を確認した時には信じられない気持ちの方が強かったという。「手の届かない世界だと思っていましたから」と言うのも無理はない。

 体が小さく非力だった札幌北シニア時代は、選手が10人しかいない中で補欠だった。札幌光星高時代の最高成績は3年夏の南北海道大会8強。大学では4年間2部で過ごし、今季は春先に右手有鉤骨を骨折したため、春のリーグ戦を欠場し、秋も主にDHでの出場でマスクをかぶる機会はなかったからだ。

 そもそも体育教師を目指して進学した大学では当初、野球を続けるつもりすらなかった。「体育を教えるなら他のスポーツ経験もあった方がいいと思って」とバレーボール部かハンドボール部への入部を考えていた。だが、野球部員に誘われ、一応練習を見に行った瞬間に入部が確定した。

「2次試験の実技を野球で受けていたので。ハイもイイエも言えず、逃げられませんでした」と斉藤は笑いながら振り返る。その時の強引な勧誘がなければ、今頃体育教師になるための準備を着々と進めていたはずだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」