野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「キツかった」ホークス上林が悩まされた“通勤苦” 改善直訴に秘める思い

2年ぶり8度目の日本一に輝いたソフトバンク。12球団で随一の選手層を誇るチームにあって、今季若くして外野手のレギュラーを掴み取ったのが上林誠知外野手、22歳であった。埼玉県出身で、高校は仙台育英へ。2013年のドラフト4位でソフトバンクに入団し、今季が4年目だった。

ソフトバンク・上林誠知【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・上林誠知【写真:荒川祐史】

今季レギュラーつかんだ上林、オフに球団に伝えた要望とは

 2年ぶり8度目の日本一に輝いたソフトバンク。12球団で随一の選手層を誇るチームにあって、今季若くして外野手のレギュラーを掴み取ったのが上林誠知外野手、22歳であった。埼玉県出身で、高校は仙台育英へ。2013年のドラフト4位でソフトバンクに入団し、今季が4年目だった。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 オフからのトレーニングの成果もあって、春キャンプから驚愕の飛距離でアピールを繰り返し、開幕スタメンの座を勝ち取った。開幕直後から打ちまくり、瞬く間に右翼のポジションを手中に収めた。134試合に出場し、初の規定打席に到達。中盤以降の失速があって打率.260、13本塁打、51打点に終わったが、間違いなく日本一に貢献した1人である。

 12月1日に行われた契約更改交渉では、今季の推定年俸800万円から4倍超となる3500万円へと大幅アップを勝ち取った。今季の成績に納得していない上林自身はニコリとも笑わなかったものの、1年の働きを評価されての2700万円増だった。

 その契約更改交渉の席で、上林は球団にある要望を出した。それが、1軍に昇格した寮生の環境整備である。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」