野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • MLB通算434発の元楽天AJが語る、大谷成功の条件「彼ならアジャストできる」

MLB通算434発の元楽天AJが語る、大谷成功の条件「彼ならアジャストできる」

日本ハムからポスティングシステム(入札制度)を利用し、米MLBエンゼルスへの移籍が決まった大谷翔平投手。2018年からは西海岸のカリフォルニア州アナハイムを本拠地にし、夢だったメジャーリーグでプレーすることになった。日米の注目を集めた大谷争奪戦だったが、メジャーリーグでも輝かしい実績を誇る元選手は、大谷をどう見ているのだろうか。

単独インタビューでエンゼルス入りの大谷について語ったアンドリュー・ジョーンズ氏【写真:福谷佑介】
単独インタビューでエンゼルス入りの大谷について語ったアンドリュー・ジョーンズ氏【写真:福谷佑介】

楽天で2年間プレーしたジョーンズ氏、単独インタビューで大谷について激白

 日本ハムからポスティングシステム(入札制度)を利用し、米MLBエンゼルスへの移籍が決まった大谷翔平投手。2018年からは西海岸のカリフォルニア州アナハイムを本拠地にし、夢だったメジャーリーグでプレーすることになった。日米の注目を集めた大谷争奪戦だったが、メジャーリーグでも輝かしい実績を誇る元選手は、大谷をどう見ているのだろうか。

【PR】今なら「DAZN」無料視聴可能! MLB&NPB公式戦など野球コンテンツが充実

 ブレーブスなどで活躍し、メジャー通算434本塁打を放った元楽天のアンドリュー・ジョーンズ氏がこのほど所用で来日し、単独インタビューに応じた。2013年、メジャー通算434本塁打の実績を引っ提げて、鳴り物入りで楽天へと入団したAJ(ジョーンズ氏のニックネーム)。2014年には大谷に4打席連続空振り三振を喫したこともあった。それから約3年が経過しているが、日本で見たこの青年から受けた衝撃は、今も忘れられないという。

――このほど大谷翔平投手のエンゼルス入りが決まった。あなたが楽天に入団した2013年、彼はルーキーだった。当時のことを覚えていますか?

「もちろんさ!とても良く覚えているよ。とにかく対戦する打者としては手強い投手だったね。真っ直ぐが速くて、スライダーが良くて、フォークもある。どのボールに絞っていいか迷うところがあるし、本当にいい投手だったね。最後の2シーズンくらいは打者としても大きな成長を見せてくれたし、才能溢れる選手だと思うね」

――大谷選手の移籍先はあなたのいるブレーブス(ジョーンズ氏は現在ブレーブスでスペシャルアシスタントを務めている)ではなかった。

「正直なところ、エンゼルスで驚いたよ。彼を本当に欲しがっているように見えたのは東海岸のチームだった。だから余計に驚いたよ。ただ彼が決めたことなので、それを尊重したいね。私も日本とアメリカを往復していたから分かるけど、日本からは西海岸が近い。友人や家族も日本から来やすいし、そういう側面もあったのかもしれないね」

――エンゼルスというチームはいかがでしょうか。

「どこのチームもオフに補強をするわけだが、エンゼルスは決して悪いチームじゃない。トラウトというスーパースターがいる。そこに大谷が加わることで間違いなくチーム力はアップするだろうね」

――大谷選手にとって、日本のプロ野球とメジャーリーグの大きな違いはどこになるでしょう。

「アメリカに行って最大の違いは試合数が多いことだ。日本は月曜が休みになるが、アメリカではほぼ毎日プレーをしないといけない。日本では週に1回投げればよかったが、そうはいかなくなるだろう。色々なことにアジャストしなければいけない。ただ、それは球団側、エンゼルスにも言えることだ。彼を受け入れるにあたって、どんな環境を整えるのか。大谷本人がどうアジャストするかもだが、球団側のアジャストというところにも私は注目しているんだ。まあ彼ならアジャストできると思うよ」

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬