野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 肉体と精神に明らかな“進化” 世界を驚かせた2年生がU-18W杯で掴んだもの

肉体と精神に明らかな“進化” 世界を驚かせた2年生がU-18W杯で掴んだもの

冷たい空気を切り裂くような鋭い当たりがライト後方へ消えていった。今季最後となる練習試合で来春のセンバツ出場濃厚な東邦を相手に放った特大ホームランは3ランとなった。清々しい表情でダイヤモンドを一周する報徳学園・小園海斗の姿を見て、あらためて確信した。

報徳学園・小園海斗【写真:沢井史】
報徳学園・小園海斗【写真:沢井史】

藤原との2年生コンビでU-18侍打線を牽引、報徳学園・小園がW杯後に見せる「成長」

 冷たい空気を切り裂くような鋭い当たりがライト後方へ消えていった。今季最後となる練習試合で来春のセンバツ出場濃厚な東邦を相手に放った特大ホームランは3ランとなった。清々しい表情でダイヤモンドを一周する報徳学園・小園海斗の姿を見て、あらためて確信した。

「体が太く、しっかりしている」

 小園の姿を見るのは、9月30日に行われた今秋の県大会・3回戦の明石商戦以来約2か月ぶりだった。体重について本人に尋ねると、笑みをこぼしながらこう答えてくれた。

「体重、3キロ増えたんです。というか、増やしました」

 小園と言えば、今秋に行われたU18ワールドカップベースボール大会での印象が強い人も多いはずだ。序盤戦は9番打者として出場し、安打を量産。一時は打率5割をマークし、首位打者争いにも加わったほど。3戦目となるキューバ戦から2番に座り、藤原恭大(大阪桐蔭)と2年生ながら1、2番コンビとして打線をけん引した。

「本当は木のバットに対する不安はありました。でも、予想以上に打てたので自分でもビックリです。金属だと当てれば長打になることはありますが、木は芯で捕らえないと遠くに飛ばない。だから、しっかり捕らえないと、という意識を強く持ち続けたことが結果として出たのかなと思います。試合前の練習で、ボールを最後までしっかり見切る、という意識も高められましたし…。世界の舞台を経験してプレーの幅が広がったとは思います。チームに伝えていくこともありましたし、自分自身ももっと成長しないといけないと思いました」

人気記事ランキング