野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「入ってないやん!」 大阪桐蔭「カルテット」結成へ西武28歳捕手が挑む壁

大阪桐蔭高校出身であるにも関わらず、中村剛也選手、浅村栄斗選手、森友哉選手で結成された埼玉西武の「大阪桐蔭トリオ」になぜか仲間入りさせてもらえず、「(自分が)入ってないやん!」と、各地のトークショーで「お約束」を披露する岡田雅利捕手。いじられ役に徹しつつ、小気味のいいトークでチームメイトとファンを笑顔にする、埼玉西武の愛されキャラである。

西武・岡田雅利【写真:(C)PLM】
西武・岡田雅利【写真:(C)PLM】

西武“愛されキャラ”岡田、来季さらなる飛躍なるか

 大阪桐蔭高校出身であるにも関わらず、中村剛也選手、浅村栄斗選手、森友哉選手で結成された埼玉西武の「大阪桐蔭トリオ」になぜか仲間入りさせてもらえず、「(自分が)入ってないやん!」と、各地のトークショーで「お約束」を披露する岡田雅利捕手。いじられ役に徹しつつ、小気味のいいトークでチームメイトとファンを笑顔にする、埼玉西武の愛されキャラである。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継&西武戦見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 2015年のファン感謝祭では、栗山巧選手が私費で購入したという公式パフォーマンスチーム「Bluelegends」のコスチュームに身を包んで登場。以来、岡田の手の込んだ女装は、ファン感謝祭では恒例行事となっている。今年は辻監督の指令により、1人で渾身のダンスを披露してくれた。ファンサービスも野球選手の大事な仕事の1つ。チームに岡田のような存在がいることのありがたさは、ファン感謝祭の時期は特に痛感するだろう。

 また、今季、埼玉西武は4年ぶりのAクラス入りを果たした。新人王に輝いた源田壮亮選手や球界を代表する5ツールプレイヤーとなった秋山翔吾選手などが話題をさらったが、自身最多となる68試合に出場した28歳の捕手も、間違いなくチームの躍進を支えた1人である。

 岡田は奈良県出身。大阪の名門・大阪桐蔭高校に進学すると、2年夏には正捕手として甲子園に出場。3年春には同級生の中田翔選手(現・北海道日本ハム)とバッテリーを組み、全国8強の実績を収めた。高校卒業後は大阪ガスに進み、2013年ドラフトで埼玉西武から6位指名を受ける。なお、この年のドラフト1位は高校の後輩である森だ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」