野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

696発・Aロッド氏がダルビッシュ去就に熱視線 「とてつもない価値」と大絶賛

メジャー歴代4位の696本塁打を誇るアレックス・ロドリゲス氏がドジャースからフリーエージェント(FA)となったダルビッシュ有投手の実力を絶賛した。自身のツイッターで、獲得する球団に「とてつもない価値」をもたらす投手と評している。

アレックス・ロドリゲス氏【写真:Getty Images】
アレックス・ロドリゲス氏【写真:Getty Images】

Aロッド氏、WSの「問題解決」でダルビッシュは「再び騎兵に」

 メジャー歴代4位の696本塁打を誇るアレックス・ロドリゲス氏がドジャースからフリーエージェント(FA)となったダルビッシュ有投手の実力を絶賛した。自身のツイッターで、獲得する球団に「とてつもない価値」をもたらす投手と評している。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 2016年に現役を退いた強打者は通算3115本のヒットを放ち、打率.295、696本塁打、2086打点、329盗塁を記録。マリナーズ、レンジャーズと渡り歩き、ヤンキースでユニホームを脱いだ。薬物規定違反による1年間の出場停止処分などもあったが、メジャーを代表する強打者の一人として強烈な存在感を放った。

 そんな42歳は自身のツイッターで、今オフFAとなり去就が注目されるダルビッシュに言及。「ユウ・ダルビッシュは素晴らしいFAの才能であり、彼と契約する球団がどこであっても、とてつもない価値を持っている。ワールドシリーズの(パフォーマンスの)の問題を解決できた時、彼は再び騎兵となる」と綴った。

 ダルビッシュは2015年の右肘手術を経て、2016年に復帰。今季は3シーズンぶりに2桁勝利に到達するなど見事復活。しかし、ワールドシリーズ制覇の切り札として今夏に加入したドジャースでは目標のワールドシリーズに到達し、2度の先発を託されたものの、アストロズ相手にいずれも炎上する結果となった。特に3勝3敗で迎えた第7戦では大きな期待を背負いながら、チームを世界一へと導けなかった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」