野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

杉谷の不運に監督爆笑、大谷特大弾も 今季の好珍プレー集【日本ハム編】

プロ野球界はシーズンオフとなり、契約更改や移籍などがニュースとなる時期だ。キャンプが始まるまで、あと1ヶ月半ほど。選手たちの華麗なプレー、手に汗握る熱い試合が早くも恋しくなっているファンもいることだろう。

日本ハム・杉谷【写真:田口有史】
日本ハム・杉谷【写真:田口有史】

前代未聞のサヨナラ決着、驚きのプロ初本塁打も…

 プロ野球界はシーズンオフとなり、契約更改や移籍などがニュースとなる時期だ。キャンプが始まるまで、あと1ヶ月半ほど。選手たちの華麗なプレー、手に汗握る熱い試合が早くも恋しくなっているファンもいることだろう。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継&日本ハム戦見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 クリスマスムードも高まり、世はすっかり真冬の様相となる中で、パ・リーグオフィシャルメディア「パ・リーグTV」では各球団の珍プレー好プレーを集めた動画を公開中。ここではパ・リーグ6球団の珍プレー好プレー3傑を独断でピックアップし紹介していきたい。今回は、大谷翔平投手のエンゼルス移籍が決まった日本ハムだ。

【珍プレー】
(3)栗山監督も笑いを堪えるのに必死…
 5月19日のオリックス戦。不運は日本ハムのムードメーカーである杉谷拳士を襲った。この日1軍昇格を果たした杉谷は即スタメンのチャンスを掴んだ。その第2打席。オリックス先発・山田のボールを捉えた打球は、杉谷自身の左膝に直撃する自打球に。苦悶の表情を浮かべて倒れこみ、心配した栗山監督もベンチを飛び出す事態に。ただ、そのキャラクターのせいか、ベンチに戻った指揮官は必死に笑いを堪えていた。

(2)前代未聞のサヨナラ決着
 8月17日のロッテ戦。本拠地の札幌ドームで行われた試合は延長11回にもつれ込む大熱戦となった。だが、その決着は、あまりにもあっけないものに。7?7で迎えた延長11回1死一、二塁で打席には松本。1ボールから、ロッテの左腕・松永が二塁に牽制を投じたが、これが悪送球に。前進守備を敷いていた中堅の荻野貴も捕れずに、打球は中堅フェンスまでコロコロ…。その間に二塁走者の岡がサヨナラのホームを踏んだ。

(1)ビックリ…“ファウル職人”中島卓のプロ初本塁打
 7月30日のソフトバンク戦。2-4と2点ビハインドで迎えた6回、先頭で打席に入った中島卓が、ソフトバンク武田の真っ直ぐを捉えた打球は右翼フェンスを越え、ホームランテラス席へと飛び込むソロ本塁打に。身長176センチと小柄な中島卓の武器といえば、巧みなバットコントロールによってファウルを連発する、その粘り。プロ9年目、723試合2287打席目で飛び出した初本塁打というサプライズに「パ・リーグTV」でも「失礼を承知で…これは珍プレーに分類」としている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」