野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

明石1億円到達でホークス“億プレーヤー”15人に 今季躍進の甲斐は4倍超

2年ぶり8度目の日本一に輝いたソフトバンクは19日、福岡市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、新たに5選手と来季の契約を更改した。

契約更改に臨んだソフトバンク・明石健志【写真:藤浦一都】
契約更改に臨んだソフトバンク・明石健志【写真:藤浦一都】

ホークスは5選手が契約更改、明石は4500万円増で3年契約

 2年ぶり8度目の日本一に輝いたソフトバンクは19日、福岡市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、新たに5選手と来季の契約を更改した。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 今季103試合に出場し、大きく躍進を遂げた甲斐拓也捕手は345%増となる4000万円で来季の契約にサイン。今季中にFA権を取得していた明石健志内野手は権利を行使せずに残留を決め、年俸1億円の3年契約を結んだ。今季限りで松坂大輔投手が退団となったが、明石の大台到達で1億円超えプレーヤーはこれで再び15選手となった。また来季が3年契約の3年目となる長谷川勇也外野手は現状維持の2億円で更改した。

○甲斐拓也捕手(900万円→4000万円)
「球団の方からは日本一に貢献してくれたと言ってもらえました。いい言葉をたくさん言っていただいて、来年も頑張ってくれと。この1年は僕にとって大きい1年でした。ただ僕1人の力ではないですし、監督が使ってくれた部分もありますし、コーチも力を貸してくれた1年だった。いい評価をしてもらったんですけど、納得できる数字でもないですし、反省点のほうがたくさんある1年でした。打てなきゃダメだと思いました」

○長谷川勇也外野手(2億円→2億円)来季3年契約3年目
「今季は試合数が少なかった。(選手会長としては)自分のことだけじゃなく、色んなこと、球団、選手全体を見ながらでしたけど、いい経験、勉強になることがたくさんありました。(手術した右足首は)今のところは順調にきていると思います。毎年、キャリアハイを、と思ってやっているので、来年もそのつもり。試合数を増やしてめちゃくちゃ打ちたいなと思います」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」