野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

野球の女神に引き戻されること3度…今季引退ロッテ古谷と野球をつなぐ縁

12月21日、千葉ロッテの古谷拓哉投手が現役引退を発表した。「11月初旬に引退を決めました。球団から職員としてのチャンスをいただき、新しいことにチャレンジができるいい機会と考えました」と引退の理由について、このように説明した。

今季限りで現役引退を表明したロッテ・古谷拓哉【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
今季限りで現役引退を表明したロッテ・古谷拓哉【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

大学時代は当初硬式野球部に入部せず

 12月21日、千葉ロッテの古谷拓哉投手が現役引退を発表した。「11月初旬に引退を決めました。球団から職員としてのチャンスをいただき、新しいことにチャレンジができるいい機会と考えました」と引退の理由について、このように説明した。今後は千葉ロッテの球団職員として営業職を務める予定で、「今は気持ちを切り替えて、新しい仕事でまた別の角度から野球に携われることにワクワクしています。営業は経験がないので、実際にやってみないと分かりませんが誠心誠意、お客様としっかりと向き合っていけたら」と意気込みを語った。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 古谷投手は、北海道の駒澤大学附属岩見沢高校でエースとして2年夏と3年春に甲子園に出場。その後は駒澤大学に進学したが、高校時代で野球への情熱が燃え尽きてしまったという理由で硬式野球部には入部せず。しかし、野球から離れた普通の大学生活を送っていた古谷投手が突如、運命に導かれることになる。たまたま見ていたシドニーオリンピックでの松坂投手の姿に感化され、1年秋に硬式野球部に途中入部した。

 とはいえ、そう簡単にはいかないのがこの世界だ。いきなり復帰した野球では結果を残せず、一般企業への就職を考えていたが、またもや運命に導かれることになる。社会人チーム・日本通運との練習試合に登板した古谷投手が好投を披露。この練習試合をきっかけに日本通運にスカウトされて入団。再び不思議な縁で野球を続けることとなる。

 社会人野球でもエースにはなれず、控え投手に甘んじていたが、2年目の都市対抗野球で炎上した先発の敗戦処理として登板し、5回無失点に抑える好投を見せた。この投球内容がたまたま視察に来ていた当時の千葉ロッテ監督ボビー・バレンタイン氏の目に留まり、2005年の大学・社会人ドラフト5巡目で千葉ロッテから指名を受けて入団。アマ時代に3度野球の女神に導かれ、プロの世界へ足を踏み入れた。

 プロ入り後はなかなか芽が出なかったが、入団5年目の2010年に中継ぎとして才能が開花。左投げの貴重な存在として58試合に登板し、防御率2点台の好成績をマーク。同年の日本シリーズでは4試合に登板し、千葉ロッテの“下克上”に大きく貢献した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」