野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

前Rソックス指揮官が回顧、“ハイライト”は上原浩治が奪ったWS最後のアウト

前レッドソックス監督のジョン・ファレル氏は、今年10月に解任された。ボストンでの5年間の監督人生を振り返り、「ビッグパピ」の愛称で知られた英雄デビッド・オルティスを絶賛した。また、現在フリーエージェント(FA)となっている上原浩治投手が“胴上げ投手”となった名シーンについても振り返っている。

2013年のワールドシリーズで“胴上げ投手”となった上原浩治【写真:Getty Images】
2013年のワールドシリーズで“胴上げ投手”となった上原浩治【写真:Getty Images】

10月に解任されたファレル前監督「ウエハラが最後のアウトを奪った」

 前レッドソックス監督のジョン・ファレル氏は、今年10月に解任された。2013年に就任し、1年目でワールドシリーズ制覇に導くなど実績を残した元指揮官は、解任後初めてメディアの前に登場。ボストンでの5年間の監督人生を振り返り、「ビッグパピ」の愛称で知られた英雄デビッド・オルティスを絶賛した。また、現在フリーエージェント(FA)となっている上原浩治投手が“胴上げ投手”となった名シーンについても振り返っている。

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 レッドソックスは今季まで2年連続でア・リーグ東地区を制覇しながら、いずれも地区シリーズで敗退。ファレル氏が解任され、その後、アレックス・コーラ新監督の就任が発表された。

 MLBネットワークの「ホットストーブショー」への出演で、退団後初めて公の場に登場したファレル氏は自分の解任劇についてこう振り返っている。

「解任は受け入れ難かったか? 色々な意味でイエスだ。我々はチームとして、球団として、コーチングスタッフとして、我々が成し遂げた数々の偉業を誇りにしている。2013年のワールドシリーズ制覇と(2016、17年の)ア・リーグ東地区連覇もだ。しかし、どんな状況にも寿命というものは存在する。変革はなされた。自分はその変化を尊重することにする」

 2015年8月にはリンパ腫の治療のためにシーズンを欠場するなど、自身も苦難を乗り越えたファレル氏には恨み節はなかった。そして、レッドソックスでの監督人生の栄光を振り返った時、2人の人気選手の名前を口にした。

「私はいつだって所属してくれた選手のことを振り返る。たくさん偉大な選手がいたんだ。2013年には、デビッド・オルティスがそれを具現化してくれた。彼自身がプレーで示したことを考えるとね。コウジ・ウエハラが最後のアウトを奪ったんだよ」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」