野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • 草野球にもトップ入りの可能性、オランダで見る生涯スポーツとしての野球

草野球にもトップ入りの可能性、オランダで見る生涯スポーツとしての野球

オランダにおける野球は競技スポーツだけではなく、生涯スポーツとしての側面も持っている。国内では、日本と同様に野球を楽しみたい大人がチームを作り、各地域でリーグ戦を行っている。しかし、日本の草野球と大きな違いが存在する。

助っ人として登板する日本人選手、サード後方にはクラブハウスの姿が【写真:大森雄貴】
助っ人として登板する日本人選手、サード後方にはクラブハウスの姿が【写真:大森雄貴】

アマチュア1部で優勝すればトップリーグ昇格の可能性も

 オランダにおける野球は競技スポーツだけではなく、生涯スポーツとしての側面も持っている。国内では、日本と同様に野球を楽しみたい大人がチームを作り、各地域でリーグ戦を行っている。しかし、日本の草野球と大きな違いが存在する。日本では各アマチュア野球連盟がそれぞれ大会を開催しているが、オランダではプロからアマチュアまで全てのリーグをオランダ王立野球・ソフトボール協会(KNBSB)が統括しているという。そのため、アマチュア1部リーグで優勝し、トップリーグが定める規定をクリアすれば、トップリーグに“昇格”することができる。

 そこで、オランダのアマチュア野球が実際どのように行われているのかを調査すべく、アマチュア野球リーグの4部チーム「DVH」に所属している在オランダ日本人に連絡を取った。

 インタビュー予定日に雨で順延された公式戦が入り、さらに十分な人数が集まらなかったこともあり、急遽筆者たちも助っ人として試合に参加した。アマチュア4部リーグ自体のレベルは決して高くはないとのこと。実際、相手ピッチャーの球速も時速110キロほどで、日本の草野球と大きなレベルの差は感じられなかった。チームは我々大学院生が4人、日本人駐在員が2人、韓国人駐在員の男性が1人、オランダ人の男性が1人、助っ人のオランダ人女性が2人という多国籍チームとなった。

 DVHの後攻で試合は始まった。先発バッテリーは助っ人オランダ人女性だ。しかし、投球練習ではストレートが時速100キロほどしか出ておらず、守備に就きながら一抹の不安を感じざるを得なかった。その不安が的中したのか、初回にいきなり4番、5番に2本のホームランを浴び、助っ人参戦した大学院生の1人が緊急登板した。

 オランダで使用されているボールは、KNBSBのスポンサーである「SKK」社製。ボールを握るとすぐさま異変に気が付いた。日本のボールよりも大きく、試合開始間もないのにボロボロで、縫い目の山が高い。登板した日本人の指では持ち球のフォークボールを投げることはできなかった。結果、味方のエラーなどもあり、投手陣が踏ん張れず大量失点してしまった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」