野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 日本人選手
  • MLB公式サイトが松井秀喜氏を特集 日米合算なら…米殿堂入りは「現実的」

MLB公式サイトが松井秀喜氏を特集 日米合算なら…米殿堂入りは「現実的」

ワールドシリーズMVPに選出されるなど輝かしい実績を残し、2012年限りで現役を引退した松井秀喜氏は、今年初めて米国野球殿堂入りの候補者となった。

ワールドシリーズMVPに選出されるなど輝かしい実績を残した松井秀喜氏【写真:Getty Images】
ワールドシリーズMVPに選出されるなど輝かしい実績を残した松井秀喜氏【写真:Getty Images】

同時期に活躍したハフ氏と比較、「彼らは似た者同士」も…

 ワールドシリーズMVPに選出されるなど輝かしい実績を残し、2012年限りで現役を引退した松井秀喜氏は、今年初めて米国野球殿堂入りの候補者となった。日本人メジャーリーガーのパイオニアである野茂英雄氏も2013年末に有資格者となりながら、得票率1.1%(6票)で資格継続条件の「5%」に達することなく、翌年の候補から漏れた。有資格1年目となる「ゴジラ」の殿堂入りは極めて厳しいと見られ、この「5%」に達するかがポイントとなるが、MLB公式サイトは特集で「クーパーズタウン行き」は決して非現実的ではないと主張している。

【PR】今なら「DAZN」無料視聴可能! MLB&NPB公式戦など野球コンテンツが充実

 記事では、同じく今年始めて殿堂候補となったオーブリー・ハフ氏と松井氏を比較。松井氏はメジャー2年目となる2004年に打率.298、31本塁打、108打点を記録したのに対して、ハフ氏はレイズで打率.297、29本塁打、104打点だったことを振り返っている。

 そして、「彼らは似た者同士だ」と指摘。「ハフは13年のキャリアで長打率.464、マツイは.462だった。ハフの打率は.278でありメジャーキャリア終了時のWARは20.2だった。マツイは打率.282、キャリア終了時のWARは21.3だ」。確かに成績も似通っており、「彼らの長所(パワーがあり三振が少ない)と短所(スピードに欠けており平均以下の守備)はほとんど同じだった」とも付け加えている。

 ハフ氏は、松井氏がヤンキースで世界一を勝ち取った翌年の2010年にジャイアンツでワールドシリーズ制覇を経験。2年後の2012年も世界一に輝いた。キャリア終盤で悲願を達成したという点でも、2人は似ている。

 ただ、2人の“育ち”は全く違うと記事では説明。ハフ氏は幼少期に父親を亡くしており、決して裕福な家庭で育ったわけではないこと、薬物依存やギャンブル依存などに陥っていたことも回顧。そして、世界一に輝いた2010年にはジャイアンツで「ちょっとしたカルト・ヒーローになった」とも言及している。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬