野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

雄星“2段”騒動、59年ぶり13連勝、鳥襲撃…西武の2017年10大ニュース

辻発彦監督が新監督に就任した2017年の西武。夏場に怒涛の13連勝を記録するなど、79勝61敗3分と貯金18を生む成績を残し、4年ぶりにAクラス入りを果たした。若手選手の台頭が目立ち、来季以降に期待を抱かせる1年になった。そんな西武の2017年を10個のニュースと共に振り返ってみたい。

今季”2段モーション”が話題となった西武・菊池雄星【写真:編集部】
今季”2段モーション”が話題となった西武・菊池雄星【写真:編集部】

6月には森慎二投手コーチが急逝する訃報も

 辻発彦監督が新監督に就任した2017年の西武。夏場に怒涛の13連勝を記録するなど、79勝61敗3分と貯金18を生む成績を残し、4年ぶりにAクラス入りを果たした。日本一になったソフトバンクとは13.5ゲーム差をつけられ、クライマックスシリーズでは楽天に敗れたものの、若手選手の台頭が目立ち、来季以降に期待を抱かせる1年になった。そんな西武の2017年を10個のニュースと共に振り返ってみたい。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継&西武戦見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

○雄星の2段モーション騒動

 エースの菊池が夏場の球界を騒がせた。8月17日楽天戦で2球連続で反則投球を宣告され、翌週の24日ソフトバンク戦では、その日投じた初球でいきなり反則投球を取られた。投球フォームに入った際に上げた右足の動きが“2段モーション”にあたるとされ、大きな物議を醸した。その後、審判団と西武、菊池の3者による話し合いの場が設けられ、問題解決の道が探られた。そこからフォーム修正に着手した菊池は、最終的に最多勝と最優秀防御率の2冠に輝いた。

○59年ぶり13連勝

 7月21日の日本ハム戦に勝利して始まった怒涛の快進撃。8月4日ソフトバンク戦で1958年以来59年ぶりとなる13連勝を達成。同5日ソフトバンク戦では、6点差ビハインドの状況から8回に2点、9回に4点を挙げる驚異の追い上げを見せたが、延長10回に力尽き、勝ち越されて連勝はストップした。13連勝中に着用していた「炎獅子ユニホーム」は24勝8敗の高勝率をマークし、クラマックスシリーズでも着用した。

○森慎二コーチ急逝

 球界を悲しみが包んだ訃報だった。6月25日のソフトバンク戦前に体調不良を訴え、福岡市内の病院に入院した森慎二投手コーチ。同27日に球団から病気療養のために休養することが発表されたが、翌28日に帰らぬ人となった。死因は溶連菌の感染による敗血症だった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」