野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

屈辱13連敗、阿部2000本、山口俊騒動、村田戦力外…巨人2017年10大ニュース

11年ぶりBクラスとなる4位に沈んだ巨人。森福允彦投手、陽岱鋼外野手、山口俊投手を獲得する“FAトリプル補強”を敢行して臨んだシーズンだったが、V奪還どころか、5月下旬から球団ワースト13連敗を喫するなど、屈辱のシーズンとなった。オフに入ると村田修一内野手の退団、野上亮磨投手のFA加入、マイルズ・マイコラス投手のメジャー復帰と、大きな人の動きもあった。そんな巨人の2017年を10個のニュースとともに振り返ってみよう。

WBCでも活躍した巨人・菅野【写真:Getty Images】
WBCでも活躍した巨人・菅野【写真:Getty Images】

クライマックスシリーズ進出を逃したのは球団史上初

 11年ぶりBクラスとなる4位に沈んだ巨人。森福允彦投手、陽岱鋼外野手、山口俊投手を獲得する“FAトリプル補強”を敢行して臨んだシーズンだったが、V奪還どころか、5月下旬から球団ワースト13連敗を喫するなど、屈辱のシーズンとなった。オフに入ると村田修一内野手の退団、野上亮磨投手のFA加入、マイルズ・マイコラス投手のメジャー復帰と、大きな人の動きもあった。そんな巨人の2017年を10個のニュースとともに振り返ってみよう。

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

○球団ワースト13連敗、屈辱のBクラス

 2017年は巨人にとって屈辱の1年となった。72勝68敗3分の貯金4ながらリーグ4位に終わった。5月26日の阪神戦からは泥沼の連敗街道がスタート。交流戦に入ってもそれは止まらず、楽天、オリックス、西武と立て続けにカード3連敗。球団ワーストを更新する13連敗に達し、6月9日の日本ハム戦で勝利するまで丸2週間白星がなかった。2006年以来11年ぶりのBクラスに沈み、2007年に導入されたクライマックスシリーズへの進出を初めて逃した。

○山口俊の泥酔暴行事件

 昨オフの目玉だった“FAトリプル補強”の1人、山口俊。右肩痛で開幕に出遅れると、復帰後の7月11日に酒に酔った状態で右手を負傷。治療のために訪れた病院で扉を壊し、警備員に暴行を振るったとして書類送検された。山口は球団から「今季出場停止」と罰金、減俸の処分を科された。

○NPB史上初の球団1万号

 9月26日のヤクルト戦で、球団として節目の1発が飛び出した。打ったのは、中井大介内野手。4回の第2打席にフルカウントからの6球目を左翼席へと運ぶ5号ソロ。この1発が12球団初の球団通算10000号本塁打だった。巨人の第1号本塁打は1936年7月15日に中島治康が放っていた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」