野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

最速154キロの19歳、甲斐に続く4年目捕手 連覇狙うホークス期待の若手は?

2017年は2年ぶり8度目の日本一に輝いたソフトバンク。充実の戦力を誇り、投手、野手ともに選手層は厚い。昨季、主力にけが人が続出したにも関わらず、特に投手には次々と新戦力が台頭。その影響をほとんど感じさせずにシーズンを戦い抜き、王座を奪還した。

ソフトバンク・古谷優人【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・古谷優人【写真:福谷佑介】

高橋純平、田中正義のドラ1コンビにも大きな期待

 2017年は2年ぶり8度目の日本一に輝いたソフトバンク。充実の戦力を誇り、投手、野手ともに選手層は厚い。昨季、主力にけが人が続出したにも関わらず、特に投手には次々と新戦力が台頭。その影響をほとんど感じさせずにシーズンを戦い抜き、王座を奪還した。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 2015年に就任した工藤公康監督は2018年シーズンで就任4年目を迎える。来季は佐藤義則コーチや鳥越裕介コーチ、清水将海コーチらがチームを離れ、コーチングスタッフの顔ぶれが大きく変化。その中で、2年連続日本一を目指すシーズンを戦うことになる。

 2017年は石川柊太投手や甲斐拓也捕手、上林誠知外野手らが台頭。チームにとって大きな戦力となった。中長期的な戦略も持ってチーム編成を進めているソフトバンクには、まだまだ楽しみな若手が豊富に顔を揃えている。

 2015年のドラフト1位・高橋純平投手や2016年のドラフト1位・田中正義投手はもちろんのこと、今季期待されながら結果を残せなかった真砂勇介外野手らの名前も上がる。ただ、期待の若手はこれだけに止まらない。そこで、ルーキーを除いて、新年を迎えた2018年が楽しみな若手をピックアップしていこう。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」