野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • ヤクルト山田復活か、大砲・筒香に期待…2018年打撃タイトル大予想【セ編】

ヤクルト山田復活か、大砲・筒香に期待…2018年打撃タイトル大予想【セ編】

新年を迎えて三が日を終え、プロ野球界では2月1日のキャンプインに向けて、選手が各地で自主トレを開始した。少し気は早いが、セ・リーグの2018年打撃タイトルについて予想してみよう。

DeNA・筒香嘉智【写真:荒川祐史】
DeNA・筒香嘉智【写真:荒川祐史】

首位打者の本命は昨季MVPの広島・丸、対抗は…

 新年を迎えて三が日を終え、プロ野球界では2月1日のキャンプインに向けて、選手が各地で自主トレを開始した。少し気は早いが、セ・リーグの2018年打撃タイトルについて予想してみよう。

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 過去3年の首位打者、本塁打王、打点王、盗塁王は次の通りだ。

○2015年
首位打者 川端慎吾(ヤ).336
本塁打王 山田哲人(ヤ)38本
打点王 畠山和洋(ヤ)105打点
盗塁王 山田哲人(ヤ)34盗塁
○2016年
首位打者 坂本勇人(巨).344
本塁打王 筒香嘉智(De)44本
打点王 筒香嘉智(De)110打点
盗塁王 山田哲人(ヤ)30盗塁 
○2017年
首位打者 宮崎敏郎(De).323
本塁打王 ゲレーロ(中)35本
打点王 ロペス(De)105打点
盗塁王 田中広輔(広)35盗塁

 セ・リーグも圧倒的な強打者がいない、群雄割拠の時代だ。タイトル獲得者の予測が難しい時代ともいえる。

【首位打者】

 セ・リーグは、2年、3年と続けて好調を維持する選手が少ない。2年連続トリプルスリーの山田哲人も昨季は調子を崩し、2016年の首位打者だった坂本勇人も昨季は後半に失速した。そんな中で注目は、昨季MVPに輝いた広島の丸佳浩だ。最近3年の打率は.249、.291、.308と急上昇している。丸は四球が多く、安打数に対する打数が少ない。今年29歳という脂の乗った年齢でもあり、期待したい。

 これに続くのが巨人の坂本。一昨年の首位打者であり、昨年も中盤まで3割を維持していた。昨年の轍を踏むことはないのではないか。さらに、昨年は.315で打率2位につけた巨人マギーにも期待。NPB通算打率も.304と高い。

 昨年の首位打者、DeNA宮崎敏郎は初めての規定打席だった。2年目は未知数と言えるが、2年連続首位打者の可能性も当然あるだろう。

 もう1人、挙げておきたいのが広島の田中広輔だ。一度も3割を打ったことはないが、昨年7月には月間打率.367を記録。最高出塁率、盗塁王のタイトルも獲った。打数が少なく、足が速い。大化けする可能性があると見た。

本命:丸佳浩(広島)
対抗:坂本勇人(巨人)
穴:マギー(巨人)、宮崎敏郎(DeNA)
大穴:田中広輔(広島)

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬