野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人・菅野、投手3冠なるか?…2018年投手タイトル大予想【セ編】

新シーズンに向けて各球団が着々と準備を進めているプロ野球。少し気が早いが、ここで2018年シーズンの個人タイトルを予想してみたい。今回はセ・リーグ投手編。

巨人・菅野智之【写真:Getty Images】
巨人・菅野智之【写真:Getty Images】

昨季投手2冠に輝いたG菅野、今季3冠なるか

 新シーズンに向けて各球団が着々と準備を進めているプロ野球。少し気が早いが、ここで2018年シーズンの個人タイトルを予想してみたい。今回はセ・リーグ投手編。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 過去3年の先発投手のタイトルホルダーは以下の通り。

〇2015年
最多勝 前田健太(広)15勝
最優秀防御率 ジョンソン(広)1.85
奪三振王 藤浪晋太郎(神)221三振
〇2016年
最多勝 野村祐輔(広)15勝
最優秀防御率 菅野智之(巨)2.01
奪三振王 菅野智之(巨)189三振
〇2017年
最多勝 菅野智之(巨)17勝
最優秀防御率 菅野智之(巨)1.59
奪三振王 マイコラス(巨)187三振

〇過去3年間の勝利5傑
1菅野智之(巨)36勝22敗
2ジョンソン(広)35勝17敗
3メッセンジャー(神)32勝28敗
4マイコラス(巨)31勝13敗
5野村祐輔(広)30勝16敗

 巨人の菅野は2016年、防御率、奪三振のタイトルを獲得しながら、9勝(6敗)にとどまった。援護率が規定投球回数以上の投手で最低の2.88だったからだ。3年間の勝ち星は、2位のジョンソンと1勝差だが、実力的には頭一つ抜けている感がある。巨人打線には今年ゲレーロが加わった。援護率が下落することは考えにくいので、最多勝候補の筆頭は菅野だろう。

 これに次ぐのは、スタミナ抜群のメッセンジャーか。昨年は負傷で離脱したが、シーズン最終盤に復帰した。連覇の広島では、やはり野村祐輔が有力ではないか。

本命:菅野智之(巨人)
対抗:メッセンジャー(阪神)
穴:野村祐輔(広島)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」