野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

球団記録の更新、「勝利の方程式」入り…ホークスの鉄腕・森が見据えるもの

2017年の福岡ソフトバンクの優勝の原動力として、モイネロ、岩嵜翔、サファテからなる「勝利の方程式」がクローズアップされることは多い。ただその中でも、救援、回跨ぎ、ロングリリーフなど、あらゆる役割をこなしてブルペンを支えてきた鉄腕の貢献を見逃すわけにはいかない。今年プロ5年目を迎える25歳、森唯斗投手のことだ。

ソフトバンク・森唯斗【写真:編集部】
ソフトバンク・森唯斗【写真:編集部】

今年プロ5年目を迎える鉄腕、優秀さを示す数値とは…

 2017年の福岡ソフトバンクの優勝の原動力として、モイネロ、岩嵜翔、サファテからなる「勝利の方程式」がクローズアップされることは多い。ただその中でも、救援、回跨ぎ、ロングリリーフなど、あらゆる役割をこなしてブルペンを支えてきた鉄腕の貢献を見逃すわけにはいかない。今年プロ5年目を迎える25歳、森唯斗投手のことだ。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 森は、徳島県の海部高校、三菱自動車オーシャンズを経て、2013年にドラフト2位で福岡ソフトバンクから指名を受けると、ルーキーイヤーから活躍。闘志を前面に押し出した投球スタイルで58試合に登板し、20ホールドを挙げた。その年の新人王投票では、石川歩投手(千葉ロッテ)、高橋朋己投手(埼玉西武)に次ぐ31票を獲得している。

 2年目は55試合、3年目は56試合と、大きな怪我もなくその鉄腕を振るい、日本一も経験した。しかし、4年目となる2017年シーズンは試合数(64試合)、ホールド数(33ホールド)でキャリアハイを残した一方、防御率3.92とやや安定感を欠いた印象がある。

 ただ、クライマックスシリーズファイナルステージでは初戦から3連投をこなし、最終戦にも投げて全て無失点に抑えている。さらに、日本シリーズでも4試合に登板して1失点。「勝利の方程式」の3投手ほど強烈な存在感を示したわけではないとしても、チームの2年ぶりの日本一に間違いなく大きな貢献を果たした。

 森といえば、パワーピッチャーのイメージが強い。176センチと、プロの投手としては恵まれた身長とは言えないながらも、93キロの体重、打者に向かっていく姿勢がそう思わせるのだろう。事実、昨年の森の奪三振率は、チームメートの岩嵜を上回る8.39をマークしている。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬