野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダル獲得候補6球団、相応しいのは…カブスなら「サイ・ヤング級の活躍も」

今オフのFA市場でNO1評価を受けるダルビッシュ有投手の去就問題が加熱してきた。米記者がレンジャーズ、ヤンキース、カブス、アストロズ、ツインズが候補に残っているとつぶやくと、ダルビッシュ自身が「もう1球団加わっている」とツイート。その後、地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」の記者が、昨シーズン途中から在籍したドジャースが最後の1球団であると報じた。

去就に注目が集まるダルビッシュ有【写真:Getty Images】
去就に注目が集まるダルビッシュ有【写真:Getty Images】

米メディアが“相性診断”、ダルビッシュはカーショーらスーパーエース級の「次点グループ」!?

 今オフのFA市場でNO1評価を受けるダルビッシュ有投手の去就問題が加熱してきた。米記者がレンジャーズ、ヤンキース、カブス、アストロズ、ツインズが候補に残っているとつぶやくと、ダルビッシュ自身が「もう1球団加わっている」とツイート。その後、地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」の記者が、昨シーズン途中から在籍したドジャースが最後の1球団であると報じた。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 さらに、ESPNラジオで番組ホストを務めるマイケル・ケイ氏が「ヤンキースはダルビッシュに7年1億6000万ドル(約177億6500万円)のオファーを出したが、48時間以内に受諾の返答をしなかったので撤回した」と伝えると、ダルビッシュがいったんはオファーはまだないとツイッターで否定。しかしすぐ後に、実際にオファーはあったものの、金額が正しくないということだったと、自身のツイートを訂正した。

 米スポーツサイト「スポーツ・オン・アース」は、「最後の1球団」をドジャースと仮定した上で、6チームのうちどこに最もフィットするかを分析する記事を掲載。その中で、まずは、ダルビッシュの能力の高さに太鼓判を推している。

 右肘負傷の影響を受けなかった2012、13、17年の3年間で、右腕がシーズン平均196イニングを投げ、236奪三振、76四球、防御率3.51、WHIP(1イニングあたりの四球+安打)1.17、対戦打者の29.2%から奪三振を奪っているというデータを紹介。さらに「こういった数字よりも、実際のダルビッシュは優れている。この防御率はMLB登板の半分が打者有利のレンジャーズ本拠地ということで、その影響を受けている」とも付け加えている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」