野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

目玉はメジャー通算71発の大砲 33年ぶり日本一を目指す阪神の助っ人陣容

2017年はセ・リーグ2位だった阪神。78勝61敗4分、貯金17の成績を残しながらも、広島に2年連続優勝を許すことになった。クライマックスシリーズではファーストステージでリーグ3位のDeNAに逆転負けを喫して敗退。1985年から遠ざかっている日本一の座には、またしても手が届かなかった。

阪神入団が決まったウィリン・ロサリオ【写真:Getty Images】
阪神入団が決まったウィリン・ロサリオ【写真:Getty Images】

“60試合クインテット”を形成したマテオ、ドリスは残留

 2017年はセ・リーグ2位だった阪神。78勝61敗4分、貯金17の成績を残しながらも、広島に2年連続優勝を許すことになった。クライマックスシリーズではファーストステージでリーグ3位のDeNAに逆転負けを喫して敗退。1985年から遠ざかっている日本一の座には、またしても手が届かなかった。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 昨季の阪神といえば、鉄壁のリリーフ陣がチームを2位に押し上げたと言えるだろう。高橋聡文、桑原謙太朗、岩崎優、マテオ、ドリスの5投手が60試合超に登板し、NPB史上初となる“60試合クインテット”が誕生。2桁勝利を挙げた先発投手が秋山拓巳とメッセンジャーの2人だった中、この強力リリーフ陣の働きがチームを支えた。

 金本知憲監督が就任し、3年目となる2018年。この鉄壁のリリーフ陣を支えたマテオ、ドリス、2桁勝利を挙げた2人のうちの1人であるメッセッジャーが残留。昨季はキャンベル、ロジャースが期待外れに終わった助っ人野手にはメジャー通算71本塁打を誇るロサリオを韓国ハンファから獲得。さらに投手陣にも、レイズからモレノを加え、層に厚みを与えた。

 13年ぶりのリーグ優勝、33年ぶりの日本一に向けて戦力編成を整えてきた阪神。現時点で助っ人は、台湾人の呂彦青も含め投手5人、野手1人という編成となるが、この面々がいかなる結果を残すだろうか。2月1日のキャンプインまで、あと半月ほど。ここでは阪神の助っ人陣容をおさらいしてみよう。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」