野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • 松坂も復活ロードを歩めるか “ドン底”から這い上がった苦労人たち

松坂も復活ロードを歩めるか “ドン底”から這い上がった苦労人たち

昨季限りでソフトバンクを退団した松坂大輔投手は近日中に中日の入団テストを受けることが決まっている。復活を期しての挑戦は大きな注目を集めている。日米通算164勝の実績を誇る“平成の怪物”にとっての目標は、合格を勝ち取っての完全復活。過去に戦力外からテスト入団を経て、復活を遂げた主な選手たちをピックアップした。

中日の入団テストを受ける松坂大輔【写真:荒川祐史】
中日の入団テストを受ける松坂大輔【写真:荒川祐史】

再起期すかつての“怪物” 中村ノリや同級生の久保もテストから復活

 昨季限りでソフトバンクを退団した松坂大輔投手は近日中に中日の入団テストを受けることが決まっている。復活を期しての挑戦は大きな注目を集めている。

 日米通算164勝の実績を誇る“平成の怪物”にとっての目標は、合格を勝ち取っての完全復活。過去に戦力外からテスト入団を経て、復活を遂げた主な選手たちをピックアップした。

◯中村紀洋内野手(近鉄→ドジャース→オリックス→中日→楽天→DeNA)
 2004年まで近鉄でプレー。05年にポスティングで米大リーグ・ドジャースへ移籍した。同年オフにオリックス復帰。06年は故障に苦しみ、打率.232、12本塁打と目立った数字を残せなかった。オフの契約更改で合意に達せず、自由契約となった。

 中日の春季キャンプで入団テストを受け、育成選手としての入団が決定。リーグ戦開幕直後に支配下登録されると、クリーンアップを任され、この年、打率.293、20本塁打と完全復活。日本シリーズでも結果を残し、シリーズMVPに輝いた。

◯久保裕也投手(巨人→DeNA→楽天)
 巨人ではセットアッパーなどで活躍。2010年にはリーグ最多の79試合に登板し、8勝1敗1セーブ32ホールド。11年には抑えとして20セーブをマークした。12年に右ひじのトミー・ジョン手術。1軍登板なく終えた15年のシーズン後に、他球団での出場機会を求めて退団。DeNAに移籍した。

 しかし、16年は9試合の登板に終わり、オフに戦力外通告。12球団合同トライアウトを経て、翌年に楽天の入団テストを受け、合格を勝ち取った。

 楽天1年目の2017年は中継ぎとして27試合に登板。7月に3年ぶりの勝利を挙げるなど3勝、防御率3.60と復活を遂げた。右手の指に血行障害の症状が出て、来季はリハビリ専念のため育成契約を結んだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」