野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

2年で66億円超も…ダルビッシュ獲りへ、名物記者がヤ軍に“ウルトラC”提案

高い評価を受けるダルビッシュの年俸総額は当然、跳ね上がることが予想されており、ドジャースとヤンキースは価格が下がるのを待っているとも伝えられている。ただ、地元紙「ニューヨーク・ポスト」の名物記者として知られるジョエル・シャーマン氏は、ヤンキースに“超効率的”な契約を提案。契約を破棄してFAとなれる「オプトアウト」の権利を2度つけた6年契約を勧めている。

去就が注目されるダルビッシュ有【写真:Getty Images】
去就が注目されるダルビッシュ有【写真:Getty Images】

贅沢税回避を目指すヤンキース、6年総額133億円の契約に2度の「オプトアウト」?

 メジャーリーグのキャンプインが約1か月後に迫る中、FA市場でNO1評価を受けるダルビッシュ有投手の去就はまだ決着していない。ヤンキース、ツインズ、カブス、ドジャース、レンジャーズが候補に残っていると報じられているが、名門2球団にとって“障壁“となっているのが、贅沢税だ。選手の総年俸が規定額を超えると課徴金を支払わなければならない制度で、来オフは大物選手が多数FAとなるため、ドジャースやヤンキースは今季でいったんリセットすることを望んでおり、何が何でも贅沢税の支払いを回避するという方針を取っている。

 高い評価を受けるダルビッシュの年俸総額は当然、跳ね上がることが予想されており、ドジャースとヤンキースは価格が下がるのを待っているとも伝えられている。ただ、地元紙「ニューヨーク・ポスト」の名物記者として知られるジョエル・シャーマン氏は、ヤンキースに“超効率的”な契約を提案。契約を破棄してFAとなれる「オプトアウト」の権利を2度つけた6年契約を勧めている。

 同紙は「これでユウ・ダルビッシュはヤンキースと契約できる?」とのタイトルで、シャーマン記者の記事を掲載。アストロズがパイレーツからゲリット・コール投手をトレードで獲得する前、ダルビッシュに6球団が興味を示していると本人がツイッターで示唆したことなどに触れつつ、「ヤンキースが年間平均評価額を抑えようとしているなか、ダルビッシュはどうしたら望みのものを手に入れることができるのだろうか」と“問題提起”している。

 シャーマン記者は「今オフシーズン開始時、一般的に、彼は6年契約で毎年2500万ドル(約27億7000万円)を得るだろうと考えられていた」と指摘。ただ、ヤンキースがこの額でダルビッシュを獲得しようとした場合、贅沢税を考えると、トレードでの高額選手放出などかなりの大きな動きが必要となる。

 そこで同記者が“提案”しているのが、6年総額1億2000万ドル(約133億円)での契約。年平均2000万ドル(約22億1500万円)に抑えられている。他球団はさらに高額の提示をしている可能性が高いが、この“シャーマン案”にはからくりがある。

人気記事ランキング