野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「1番凄い」千賀も絶賛 ホークス9年目、158キロの育成左腕に覚醒の予感

眠れる大器が、2018年、ついに覚醒するか。

ソフトバンク・川原弘之【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・川原弘之【写真:福谷佑介】

今宮健太と同期の2009年ドラフト2位指名・川原弘之

 眠れる大器が、2018年、ついに覚醒するか。 

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 球春到来となる2月1日のキャンプインまで、あと10日ほど。各球団の選手たちは自主トレに励み、己の体を徹底的にいじめている。各々の肉体を強化し、課題に取り組む。キャンプで監督はじめ首脳陣に存分にアピールするためには、この時期の取り組みが重要となる。 

 2017年、2年ぶりの日本一に輝いたソフトバンク。2年連続日本一に挑む権利を唯一有しているこのチームでは、どこよりも内部競争が激しい。1軍候補の名前を挙げるだけでも、28人の登録枠が2つ出来そうなほど。その中にあって、大化けするかもしれない予感を漂わせる1人の左腕がいる。プロ9年目の育成選手、川原弘之だ。 

 福岡大附属大濠高校から2009年ドラフト2位でソフトバンクへと入団した川原。この年のドラフト1位は、今や球界NO1遊撃手の呼び声も高い今宮健太だった。翌年のドラフト2位が、球界屈指の外野手に成長した柳田悠岐。川原は今宮と同じ1991年生まれである。 

 川原弘之の名が脚光を浴びたのは、2012年のことだ。前年に自己最速の154キロを記録し、着実に成長を遂げ迎えたプロ3年目。初の1軍昇格を果たしてデビューを飾ると、7月28日のウエスタン・リーグ中日戦(下関)で当時の日本人左腕最速記録となる158キロを記録したのだ。その時は、将来を嘱望される大器だと騒がれた。 

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」