野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

中村が清原超えて史上最強!? レジェンド圧倒の投手部門…西武の歴代投打5傑

埼玉西武ライオンズは、プロ野球がセ・パ両リーグに分立した1950年に西鉄クリッパーズとして創設された。のち西鉄ライオンズと改称。福岡を拠点として、太平洋クラブ、クラウンライターと親会社を変え、1979年からは拠点を埼玉県に移し、西武ライオンズ、埼玉西武ライオンズとなっている。今年で69シーズン目を迎える。歴史を飾った名選手を、投打の通算成績で見ていこう。※は現役

西武・中村剛也【写真:荒川祐史】
西武・中村剛也【写真:荒川祐史】

意外に少ない打者通算記録、通算本塁打王は中村

 埼玉西武ライオンズは、プロ野球がセ・パ両リーグに分立した1950年に西鉄クリッパーズとして創設された。のち西鉄ライオンズと改称。福岡を拠点として、太平洋クラブ、クラウンライターと親会社を変え、1979年からは拠点を埼玉県に移し、西武ライオンズ、埼玉西武ライオンズとなっている。今年で69シーズン目を迎える。歴史を飾った名選手を、投打の通算成績で見ていこう。※は現役

【PR】「DAZN」なら西武戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

○通算安打数5傑
1.石毛宏典 1806安打(1981-94年)
2.伊東勤 1738安打(1982-2003年)
3.栗山巧 1644安打(2004年-)※
4.高倉照幸 1446安打(1953-66年)
5.松井稼頭央 1433安打(1995-2003年、2018年ー)※

 ライオンズでは2000本安打に達した打者はいない。石毛の1806本が最多。現役の栗山が3位に迫っている。4位の高倉は西鉄ライオンズの切り込み隊長として知られ「キャップ」のあだ名が付いた。5位に今季から西武に復帰が決まった松井稼頭央がつけている。

○通算本塁打数5傑
1.中村剛也 357本(2003年-)※
2.清原和博 329本(1986-96年)
3.秋山幸二 328本(1984-94年)
4.カブレラ 273本(2001-07年)
5.中西太 244本(1952-69年)

 本塁打は、中村剛也が清原和博を抜いて1位に。どこまで記録を伸ばすか楽しみだ。5位に西鉄黄金時代の主砲・中西。中西は首位打者2回、本塁打王5回、打点王3回の強打者だったが、故障のため盛りが短かった。

○通算打点5傑
1.中村剛也 969打点(2003年-)※
2.清原和博 915打点(1986-96年)
3.秋山幸二 858打点(1984-94年)
4.石毛宏典 835打点(1981-94年)
5.伊東勤 811打点(1982-2003年)

 打点では、中村、清原の大砲に続いて、トリプル3を記録した秋山幸二がつけている。

○通算盗塁数5傑
1.松井稼頭央 306盗塁(1995-2003年、2018年ー)※
2.片岡易之 271盗塁(2005-13年)
3.石毛宏典 242盗塁(1981-94年)
4.秋山幸二 227盗塁(1984-94年)
5.辻発彦 220盗塁(1984-95年)

 盗塁数は松井稼頭央が1位に輝き、昨年限りで巨人で引退した片岡が2位。現監督の辻が5位に入った。

 西武の生え抜き打者の多くが、他球団に移籍しているため、通算成績は意外に低い。現役フランチャイズプレーヤーの中村剛也が上位にくるのはそのためでもある。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬