野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

マシソンが巨人残留の舞台裏語る 「これがプロ生活の最後の2年になる」

今季、巨人で7年目のシーズンを迎えるスコット・マシソン投手がプロ選手としての引き際と2020年東京五輪への思いについて地元メディアに語った。野球専門メディア「カナディアン・ベースボール・ネットワーク」が伝えている。 

カナダ代表でもプレーしてきたマシソン【写真:Getty Images】
カナダ代表でもプレーしてきたマシソン【写真:Getty Images】

マシソンが地元メディアに巨人残留の舞台裏語る「荷造りはすべて済んでいた」

 今季、巨人で7年目のシーズンを迎えるスコット・マシソン投手がプロ選手としての引き際と2020年東京五輪への思いについて地元メディアに語った。野球専門メディア「カナディアン・ベースボール・ネットワーク」が伝えている。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 カナダ出身の右腕は2006年にフィリーズでメジャーデビュー。その後、負傷にも苦しみメジャーでは計3シーズンのプレーにとどまったものの、2011年オフに契約した巨人で飛躍を遂げた。ここまで救援の柱として活躍し、6シーズンで359登板、25勝24敗、45セーブ、152ホールド、防御率2.30をマーク。最優秀中継ぎ投手のタイトルも2度獲得した。

 そんな右腕はこのほどカナダの地元メディアで今オフに巨人と2年契約に至った経緯に言及。記事では日本での活躍を踏まえて「このような経歴をもってして、なぜメジャーのブルペンで彼は投げないのだろうか?」との疑問を投げかけており、そこでマシソンはオフに複数の米球団からオファーがあったことを明かしている。

 33歳の右腕は記事の中で「2017シーズン終了後に、戻る準備はできていたんだ。メジャー復帰するために複数球団からオファーを受けていて、(オフシーズンに)日本を後にした時、荷造りはすべて済んでいた。日本には何も残してこなかったんだ。荷物を全て(日本から)持ち帰ってきたのはその時が初めてだったんだ。なぜなら、ジャイアンツは再建中のチームだと思ったからね」と語っている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」