野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

定位置争いに新風、新人3人&育成2人が参加…巨人1軍キャンプ抜擢の若手

球春到来まであとわずか。12球団が一斉にキャンプインとなる2月1日が、目前に迫ってきた。各球団のキャンプで大きな楽しみとなるのが、若手の成長、台頭だろう。昨季セ・リーグ4位に沈み、球団史上初めてクライマックスシリーズ進出を逃すことになった巨人は、V奪還に備えるキャンプで多くの若手選手を1軍キャンプに抜擢した。

昨年には侍ジャパン社会人代表として活躍した田中俊太【写真:Getty Images】
昨年には侍ジャパン社会人代表として活躍した田中俊太【写真:Getty Images】

育成契約最長8年目の成瀬、正捕手・小林の座を狙う新人捕手も

 球春到来まであとわずか。12球団が一斉にキャンプインとなる2月1日が、目前に迫ってきた。果たして、各球団どんな1年を送ることになるのか。1年を戦う土台作りとなる春季キャンプは、シーズンを占う重要な1か月となる。

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 各球団のキャンプで大きな楽しみとなるのが、若手の成長、台頭だろう。昨季セ・リーグ4位に沈み、球団史上初めてクライマックスシリーズ進出を逃すことになった巨人は、V奪還に備えるキャンプで多くの若手選手を1軍キャンプに抜擢した。

 巨人は、まず1軍、2軍揃って宮崎市内でキャンプイン。1軍メンバーは13日まで1次キャンプを張り、14日に沖縄入り。15日から沖縄・那覇で2次キャンプをスタートさせ、28日に打ち上げる。その1軍キャンプにはドラフト2位の岸田行倫捕手をはじめ、3人のルーキーが抜擢。育成選手2人もメンバーに名を連ねた。

 ここでは、巨人の1軍キャンプに抜擢された期待の若手選手(1軍通算10試合出場未満)をピックアップしてみた。

○谷岡竜平投手(21歳)
1軍通算5試合0勝1敗0セーブ 防御率12.00
 成立学園高から東芝を経て、巨人に入団した2016年ドラフト3位の右腕。1年目だった2017年は開幕1軍入りを果たし、5試合に登板したが、防御率12.00と結果は出ず。それでもイースタン・リーグで33試合に登板して4勝2敗、防御率2.98の成績を残す。イースタン選抜として参加したアジアウインターリーグは5試合で1勝3敗、防御率5.21だった。

○成瀬功亮投手(25歳、育成)
1軍登板なし
 北海道の旭川実業高から2010年の育成ドラフト6位で入団し、12球団で育成契約最長となる8年目を迎える右腕。入団から右肩手術や血行障害など故障に苦しんできたが、2017年にイースタン・リーグで16試合に登板、0勝0敗、防御率3.18。イースタン選抜として参加したアジアウインターリーグでは9試合、12イニングに投げて無失点。防御率0.00をマークし、1軍キャンプに抜擢された。

○岸田行倫捕手(21歳、新人)
 報徳学園高から社会人の大阪ガスを経て、ドラフト2位で巨人入りした捕手。強肩から繰り出すスローイングには定評があり、打撃面の評価も高い。正捕手の小林誠司を脅かす存在として期待されており、ルーキーながらキャンプ1軍スタートとなった。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬