野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス春季キャンプに“異変” 若手に明暗、A組に入った選手と漏れた選手

これまでは“生き残り”をかけたサバイバル競争の形だったが、2018年は這い上がることを求められることになったホークスのキャンプ。A組の投手陣は少数精鋭の14人だけとなり、寺原隼人、摂津正、五十嵐亮太のベテラン3人もB組スタートとなった。ここでは、その中でA組に抜擢された若手をピックアップしつつ、A組から漏れた有望若手選手も紹介したい。

ソフトバンク・九鬼隆平【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・九鬼隆平【写真:荒川祐史】

ベテランの寺原、摂津、五十嵐の3投手もB組でキャンプイン

 プロ野球12球団が一斉にキャンプに入る2月1日まで、あとわずか。いよいよ、球春到来が目前に迫ってきた。各球団がシーズンに向けて状態を上げるだけでなく、新戦力の発掘など、1年を占う重要な1か月となる。

 2年連続日本一を狙うソフトバンク。2017年は夏場まで楽天と熾烈なデッドヒートを演じると、楽天が失速した8月以降も順調に勝ち星を伸ばし、終わってみれば、2位に13.5ゲームの大差をつけてパ・リーグを制覇。クライマックスシリーズ、日本シリーズも勝ち、2年ぶり8度目の日本一の座に立った。

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 ソフトバンクといえば、2チーム分が出来るとも言われる豊富な戦力層を誇る。2017年も和田毅、千賀滉大、武田翔太、内川聖一、デスパイネなどなど主力に相次ぐ故障者が出ながら、その影響をほとんど感じさせなかった。石川柊太や上林誠知、甲斐拓也といった若手も次々に台頭。より一層の厚みをもたらした。

 まだまだ楽しみな若手は豊富にいる。だが、工藤公康監督が就任して4年目となる今春のキャンプでは、これまでとは若干様相が異なってきている。例年、主力中心となるA組には多くの若手を抜擢し、競争を促してきた。ところが、今年、A組に抜擢されたと言えるのは、栗原陵矢、九鬼隆平の捕手2人だけ。ルーキーの5人全員がB組スタートで、期待されている若手選手たちもほとんどがB組へ。ソフトバンクはA組もB組も同じ宮崎市の生目の杜運動公園でキャンプを張っており、即座の入れ替えが可能とはいえ、これまでにない形となった。

 これまでは“生き残り”をかけたサバイバル競争の形だったが、2018年は這い上がることを求められることになったホークスのキャンプ。A組の投手陣は少数精鋭の14人だけとなり、寺原隼人、摂津正、五十嵐亮太のベテラン3人もB組スタートとなった。ここでは、その中でA組に抜擢された若手をピックアップしつつ、A組から漏れた有望若手選手も紹介したい。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」