野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「僕の今のレベルでは…」鷹3球団競合ドラ1右腕が激白、痛感した“弱点”

のんびりはしていられない、2018年で3年目。目の前に立ちはだかる壁は高く、そして多い。2年連続日本一を狙うソフトバンク。12球団随一、圧倒的な戦力層を誇る常勝軍団の中で、3球団競合のドラフト1位右腕は危機感を募らせている。 

ソフトバンク・高橋純平【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・高橋純平【写真:藤浦一都】

2015年のドラフト1位・高橋純平はプロ2年で1軍登板1試合のみ

 のんびりはしていられない、2018年で3年目。目の前に立ちはだかる壁は高く、そして多い。2年連続日本一を狙うソフトバンク。12球団随一、圧倒的な戦力層を誇る常勝軍団の中で、3球団競合のドラフト1位右腕は危機感を募らせている。 

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 2015年のドラフト1位、高橋純平。大きな期待を集めながらも、2年間で1軍登板はわずか1試合だけ。将来性のある若い選手は体作りから着手し、じっくりと育てていくホークスの方針はあるが、それでも、やや物足りない数字かもしれない。 

 県立岐阜商からソフトバンク入りした高橋。高校時代は150キロを超す真っ直ぐが注目を集め、ドラフト1位候補として脚光を浴びた。センバツではベスト8まで進み、その非凡な能力を聖地で示した。3年生の夏は、大会直前に負った左太もも裏肉離れのため、岐阜県大会準々決勝で打者7人に投げただけ。準決勝で登板することなく、敗退した。それでもドラフトでは中日、日本ハム、そしてソフトバンクが1巡目で指名。工藤公康監督が当たりクジを引き当てた。 

「毎年が勝負の年なんですけど、今年は完全に結果を求められる年だと思っていますし、自分でも結果を求めたい3年目です」 

 福岡を本拠地として2年超が経った。入団当初は負傷した肉離れの影響が残り、それが完全に癒えたのは1年目の秋頃になってからだった。そして、負傷を庇う中で身に染み付いた癖はなかな抜けなかった。キャンプ中のランニングメニューでは遅れを取ることも多く、体力面を見てもまだまだひ弱さが残っていた。 

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」