野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

清宮、堀…大谷らの穴埋める期待選手が続々 日ハム1軍キャンプ抜擢の若手

12球団が一斉にキャンプをスタートさせる2月1日まで、あと数日。球春到来が目前となり、もう待ちきれないというファンも少なからずいるのではないだろうか。

日本ハムの清宮幸太郎【写真:石川加奈子】
日本ハムの清宮幸太郎【写真:石川加奈子】

日本ハムは12球団唯一の海外、米アリゾナ州でキャンプイン

 12球団が一斉にキャンプをスタートさせる2月1日まで、あと数日。球春到来が目前となり、もう待ちきれないというファンも少なからずいるのではないだろうか。

 2016年に日本一に輝きながら、2017年は開幕から下位に低迷した日本ハム。4月に10連敗を喫するなど、60勝83敗と大きく負け越し、優勝したソフトバンクに34ゲーム差をつけられた。主力には怪我人が続出し、苦しいチーム状況のまま、シーズンを戦わねばならなかったことも痛かった。

 巻き返しを図る2018年。12球団で唯一、海外でキャンプをスタートさせる。1軍は、まず2月1日から米アリゾナ州のスコッツデールでキャンプイン。2月17日からは沖縄の名護市に場所を移し、2次キャンプに入る。2軍は沖縄の国頭村で2月1日から23日まで汗を流すことになっている。

 オフには大谷翔平がエンゼルスに移籍し、増井浩俊はFAでオリックスに。大野奨太もFAで中日へと移籍し、レアード1人を残して助っ人たちもチームを去った。一新されたチームの中で期待されるのは“日本ハムらしい”若手の台頭。その候補となりそうな1軍アリゾナキャンプ抜擢の若手(1軍通算10試合出場未満)をピックアップしてみよう。

○堀瑞輝投手(19歳)
1軍通算4試合登板0勝1敗0セーブ0ホールド 防御率3.38
 栗山監督はじめ首脳陣が高く評価する左腕。2016年のドラフト1位で広島新庄高から日本ハムに入団。イースタンリーグ11試合で3勝1敗、防御率1.98の好成績を残すと、8月に1軍初登板。9月末にはプロ初先発も果たした。最速150キロをマークする将来性豊かな左投手で、ローテ入りに期待がかかる。

人気記事ランキング