野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • FA市場が“歴史的停滞”の中…早々にヤンキース残留決断の田中将大は「勝者」

FA市場が“歴史的停滞”の中…早々にヤンキース残留決断の田中将大は「勝者」

今オフ、メジャーリーグのFA市場は前代未聞の停滞ぶりを見せている。NO1評価を受けているダルビッシュ有投手をはじめ、J・D・マルティネス外野手、エリック・ホズマー内野手、ジェイク・アリエッタ投手ら、トップクラスの選手たちですら未所属のまま。1月も残り少なくなり、2月中旬からのキャンプインが迫っているだけに、まさに“異常事態”とも言える状況だ。

ヤンキース残留を早々に決めた田中将大【写真:田口有史】
ヤンキース残留を早々に決めた田中将大【写真:田口有史】

「オプトアウト」を行使せず「スローなオフシーズンを完全に回避」

 今オフ、メジャーリーグのFA市場は前代未聞の停滞ぶりを見せている。NO1評価を受けているダルビッシュ有投手をはじめ、J・D・マルティネス外野手、エリック・ホズマー内野手、ジェイク・アリエッタ投手ら、トップクラスの選手たちですら未所属のまま。1月も残り少なくなり、2月中旬からのキャンプインが迫っているだけに、まさに“異常事態”とも言える状況だ。

 そんな中、残りの契約を破棄してFAになれる「オプトアウト」の権利を持ちながら、昨季終了直後に残留を決断したヤンキースの田中将大投手は「勝ち組」だと米メディアが評価している。FAとなれば、田中もいまだ去就未定となっていた可能性が高いだけに、その判断は賢明だったというのだ。

「スローなオフシーズンを完全に回避することでタナカは2017-18オフシーズンの勝者となった」

 このタイトルで報じているのは「リバー・アベニュー・ブルース」。米CBSスポーツ(電子版)の記者らも寄稿している米メディアだ。記事では、ここまでのFA市場のスローな動きを指摘しつつ、「思いもよらないところではあるが、現時点での勝者はマサヒロ・タナカである。大金を獲得し、今オフシーズンのスローな動きに巻き込まれていない彼は、天才かのように思える」と“絶賛”している。

 2014年からヤンキースと7年総額1億5500万ドル(約169億円)の大型契約を結んでいた田中は、4年目の昨シーズンが終了した時点で、契約を破棄してFAとなれる「オプトアウト」の権利を持っていた。

「この29歳の先発投手と彼の代理人にとって選択肢はシンプルだった:向こう3年で6700万ドル(約73億円)を受け取るか、1億ドル(約109億円)の契約を結ぶ可能性のある不確定な事に突き進んでいくかのどちらかだ」

人気記事ランキング