野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

レジェンド金田正一に若松勉、古田敦也…ヤクルトの歴代投打5傑

東京ヤクルトスワローズは、1950年、国鉄スワローズとして発足。1965年に産経新聞が親会社となりサンケイアトムズ、1970年からヤクルトが親会社になった。今年で69シーズン目、歴史を飾った歴代の名選手を、投打の通算成績で見ていこう。※は現役。

ヤクルト歴代5位タイの本塁打を記録しているバレンティン【写真:荒川祐史】
ヤクルト歴代5位タイの本塁打を記録しているバレンティン【写真:荒川祐史】

2000安打を記録したのは若松、宮本、古田

 東京ヤクルトスワローズは、1950年、国鉄スワローズとして発足。1965年に産経新聞が親会社となりサンケイアトムズ、1970年からヤクルトが親会社になった。今年で69シーズン目、歴史を飾った歴代の名選手を、投打の通算成績で見ていこう。※は現役。

【打者成績】

○通算安打数5傑
1若松勉2173安打(1971-89年)
2宮本慎也2133安打(1995-2013年)
3古田敦也2097安打(1990-2007年)
4池山隆寛1521安打(1984-2002年)
5杉浦享1434安打(1972-93年)

 小さな大打者、安打製造機と言われた若松勉が1位、2位には今季からヤクルトのヘッドコーチに就任した名内野手の宮本慎也。3位は攻守でチームを引っ張った名捕手古田敦也。4位は「ブンブン丸」と言われた池山隆寛。5位に勝負強い左打者だった杉浦享。現役では川端慎吾が922安打で最多になる。

○通算本塁打数5傑
1池山隆寛304本(1984-2002年)
2広沢克己228本(1985-94年)
3杉浦享224本(1972-93年)
4若松勉220本(1971-89年)
5古田敦也217本(1990-2007年)
5バレンティン217本(2011年-)※

「ブンブン丸」池山隆寛が1位。広沢克己は池山と同時期の4番打者でのちに巨人に移籍。以下、杉浦享、若松勉、古田敦也と続くが、現役では60本塁打のNPB記録を作ったバレンティンが、古田に並んでいる。

○通算打点5傑
1古田敦也1009点(1990-2007年)
2池山隆寛898点(1984-2002年)
3若松勉884点(1971-89年)
4杉浦享753点(1972-93年)
5ラミレス752点(2001-07年)

 古田敦也が最多。以下、池山隆寛、若松勉、杉浦享と続く。5位には現DeNA監督のアレックス・ラミレスで7年間の在籍で5度の100打点をマークし、2度の打点王に輝いている。現役では畠山和洋が540点、バレンティンが539点で続く。

○通算盗塁数5傑
1飯田哲也230個(1989-2004年)
2佐藤孝夫219個(1952-63年)
3青木宣親164個(2004-11年)
4若松勉151個(1971-89年)
5水谷新太郎146個(1974-89年)

 飯田哲也は元捕手だが外野に転向し野村政権では1番打者として活躍し盗塁王のタイトルも獲得した。佐藤は国鉄時代の強打者で本塁打も獲得している。7年ぶりに日本球界に復帰した青木がこれに続く。5位の水谷は俊足好打の名内野手だ。

人気記事ランキング