野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「俺を超えろ、超えればメジャーだ!」、3Aまで這い上がった日本人野手の夢

「俺を超えろ、超えればメジャーだ!」、3Aまで這い上がった日本人野手の夢

日本からアメリカにわたってAAAまで這い上がった異色の野球人、根鈴(ねれい)雄次氏。1973年8月生まれ、イチロー世代の44歳は法政大学を経て2000年モントリオール・エクスポズとマイナー契約した経歴を持つ。マイナーのAクラスからスタートし、AAAまで這い上がった左打者で、現在は独自の野球理論で注目を集める指導者になっている。

野球塾「AttaBoy Baseball 根鈴道場」で指導をする根鈴雄次氏【写真:広尾晃】
野球塾「AttaBoy Baseball 根鈴道場」で指導をする根鈴雄次氏【写真:広尾晃】

「俺を超えろ、超えればメジャーだ!」、異色の野球人・根鈴雄次氏が語る夢

 日本からアメリカにわたってAAAまで這い上がった異色の野球人、根鈴(ねれい)雄次氏。1973年8月生まれ、イチロー世代の44歳は法政大学を経て2000年モントリオール・エクスポズとマイナー契約した経歴を持つ。マイナーのAクラスからスタートし、AAAまで這い上がった左打者で、現在は独自の野球理論で注目を集める指導者になっている。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 取材した当日、野球塾「AttaBoy Baseball 根鈴道場」で指導を受けていたのは20歳の若者だった。アメリカ留学の経験もあり、再びアメリカでトライアウトを受けるつもりだという。根鈴氏は言う。

「彼は、これまで強い打球が全部右方向に飛んでいた。それはそれでよしとするんだけど、もっと強い打球が全方向に飛ぶほうが良い。右打者の場合ボールが近めにくれば左方向、センターから外側に来たら右に強いボールが飛ぶのが当たり前で、物理の法則にのっとって飛ばせばいいということです。何でもかんでも右打ちで、真っすぐ来るものを角度をつけて打ったら距離が出ません。ビリヤードでも壁に当たって真っすぐ返ってくる球が一番強いんで、当たり前の話です。

 それから僕は、置きティーで指導をします。投手と捕手間は18.44メートルですが、投手が球持ち良くて、前の方でリリースしたら16メートルそこそこしかない。ボールがミットに入るまでは0.4秒ですが、打とうと思うのがリリースから0.2、3秒だとすると、投手の側でボールをさばくのがいかに無駄か。それを実感させるためです。踏み込んで、キャッチャーが捕る寸前の自分のゾーンで打つのがいい。それがアメリカの打撃です。その感覚をつかむのが大事です。僕の塾では素振りもしなければ、45度で上げるのもしません」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」