野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

プロ野球春季キャンプを知る…キャンプ施設は何がある? スケジュールは?

2月1日からスタートしたプロ野球キャンプ。12球団が様々な地域や環境の中でキャンプを行っているが、基本的な施設とタイムテーブルは共通している。

キャンプ施設は何がある?スケジュールは?【写真:編集部】
キャンプ施設は何がある?スケジュールは?【写真:編集部】

キャンプ施設はメイングラウンドなど4つに分かれる

 2月1日からスタートしたプロ野球キャンプ。12球団が様々な地域や環境の中でキャンプを行っているが、基本的な施設とタイムテーブルは共通している。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 プロ野球のキャンプ地の施設は、大きく分けて4つある。

○メイングラウンド
 チームの全体練習や野手陣のシートノック、バッティングケージを使った打撃練習、さらには紅白戦や練習試合などに使われる。観客席がある。
○サブグラウンド
 メイングラウンドと同様、ダイヤモンドがある場合が多い。投手陣のノックや投内連携、全体練習後に行われる守備の特別練習、ランニングなどに使われる。観客席がない場合が多い。
○ブルペン
 投手陣が投球練習に使用する。屋根付きでホームベースが並んでいる。
○室内練習場
 雨天の際に使用する練習場。土が入れられており、ノックや打撃練習などができる。故障などで通常メニューから外れた選手の調整にも使われる。

 一般のファンは、メイングラウンド、サブグラウンドでの見学が可能だ。ブルペンは球団によって異なり、観客席を設けて公開している球団もあるが、公開していない球団もある。室内練習場は非公開の球団が多い。

 そのチームも、キャンプ初日の2月1日から数日間は、ランニング、ウォームアップ、キャッチボールなど基本的な練習が中心となる。昔はキャンプ初日にぼってり太った体格で現れ、「キャンプ中に体を絞るからいい」と言う選手もいたが、最近はほとんどの選手が自主トレをして、いつでもプレーできるコンディションでキャンプインするのが普通だ。そのために選手の仕上がりが早くなり、実戦形式の練習が年々早くから始まる傾向にある。

 キャンプ中盤には、ほとんどの投手がブルペンで投球練習を行い、紅白戦や練習試合も始まる。この時期になるとレギュラーや1軍入りする選手の顔ぶれが決まり始める。

 キャンプは5日に1回程度、休日を設けている。休日から休日までが1クールと呼ばれ、各クールごとに1軍と2軍で選手の入れ替えをするチームが多い。ベテラン選手の中には最終盤まで1軍に合流せず、2軍で独自の調整をする選手もいる。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」