野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

過去3年間からの変化―中日松坂、ブルペンに「あえて入らなかった」理由

急がず、焦らず。逸りたくなる気持ちを抑えるかのように、中日に入団した松坂大輔投手は初日を終えた。注目を集めた沖縄キャンプ初日。平日にもかかわらず2000人の観衆が、キャンプ地の北谷公園野球場に駆けつけたが、ブルペンには入らないまま、この日の練習を終えた。

春季キャンプに参加している中日・松坂大輔【写真・福谷佑介】
春季キャンプに参加している中日・松坂大輔【写真・福谷佑介】

“投げたがり”の右腕がキャンプ初日に見せた変化

 急がず、焦らず。逸りたくなる気持ちを抑えるかのように、中日に入団した松坂大輔投手は初日を終えた。注目を集めた沖縄キャンプ初日。平日にもかかわらず2000人の観衆が、キャンプ地の北谷公園野球場に駆けつけたが、ブルペンには入らないまま、この日の練習を終えた。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「周りが投げる投げると思っていたので、あえて入らなかったというのはありますけどね」と冗談めかしつつ「一応、丸はつけておいたんですけど、ドラゴンズのキャンプの流れがどうなるのか分からないですし、今日はいいかな、と。明日は入ろうかなと思っています」と明かした。

 ウォーミングアップの後はキャッチボールを行うと、ノックやランニングメニューなどで汗を流した松坂。右も左も分からない新天地でのキャンプ。落ち着かない状況でいきなりブルペンで投げて必要以上に心身に負担をかけるよりも、まず初日は中日キャンプの空気に自身の身体を馴染ませることを選んだ。

 3年間在籍したソフトバンクではキャンプ初日には必ずブルペンに入った。もともとが“投げたがり”で知られる右腕。一度投げ出せば、その球数がどんどん膨らんでいくことも珍しくはなかった。それによって知らず識らずの内に右肩に負担がかかったというのもあるだろう。過去3年間はキャンプ中は状態の良さを感じさせながらも、オープン戦、そして開幕が近づくにつれ、右肩の痛みが出たりして、状態を落としていった。同じ轍を踏まないために、自らの手綱をしっかり絞るかのようだった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」