野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「崖っぷち」「ダメなら終わり」復活目指す中日・吉見の覚悟

復活を目指しているのは、松坂だけではない。平成の怪物の加入で注目度がアップしている中日には他にも再起にかける男がいる。その1人が、かつてのエース、吉見一起投手である。

復活を目指す中日・吉見一起【写真:荒川祐史】
復活を目指す中日・吉見一起【写真:荒川祐史】

2度の最多勝&5年連続2桁勝利、復活かける吉見の思い

 復活を目指しているのは、松坂だけではない。平成の怪物の加入で注目度がアップしている中日には他にも再起にかける男がいる。その1人が、かつてのエース、吉見一起投手である。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 金光大阪高からトヨタ自動車へ進み、2005年のドラフト希望入団枠で中日へ入団。2008年に先発、中継ぎ双方でマウンドに上がり、自身初の2桁勝利となる10勝をマーク。2009年に16勝、2011年に18勝で最多勝に輝くなど、5年連続2桁勝利を記録したドラゴンズのエースだった。

 しかし2013年6月に右肘のトミー・ジョン手術を受けると、そこから結果に結びつかない苦しい日々を送ることになる。2015年には右肘に再びメスを入れた。2016年には6勝をマークし、復調の気配を感じさせたが、2017年は14試合に投げて3勝7敗。今季で13年目を迎える33歳だ。

 沖縄・北谷町で行われている沖縄キャンプ。2日目の2日、右腕はフリー打撃の打撃投手としてマウンドに上がっていた。かつてエースとしてチームを支えた男が、キャンプ2日目にして、打者と対峙した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」