野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

“松坂効果”は打にも現れるか? リーグワーストだった中日投手陣の打撃

2月1日、球春が到来し、12球団が一斉にキャンプインした。各球団の中でも注目度が高いのは沖縄・北谷町の北谷公園野球場でキャンプを張る中日ドラゴンズ。松坂大輔投手がテストの末に入団したことで、第1クールは連日多くのファン、メディアが、そのキャンプ地を訪れた。

打撃面でも中日に変化をもたらすことが期待される松坂大輔【写真:荒川祐史】
打撃面でも中日に変化をもたらすことが期待される松坂大輔【写真:荒川祐史】

第1クールに松坂は志願の打撃練習

 2月1日、球春が到来し、12球団が一斉にキャンプインした。各球団の中でも注目度が高いのは沖縄・北谷町の北谷公園野球場でキャンプを張る中日ドラゴンズ。松坂大輔投手がテストの末に入団したことで、第1クールは連日多くのファン、メディアが、そのキャンプ地を訪れた。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 中日のキャンプは5日が第1クール最終日となり、6日はようやくキャンプ最初のオフとなる。その第1クールの松坂は2日目に初めてブルペン入りすると、室内練習場での打撃練習も敢行。マシンを相手に約100スイングを振り込んだ。3日目には山井大介投手、吉見一起投手、大野雄大投手とともにランチ特打を行い、2本の柵越えを放って、ファンを沸かせていた。

「1点、2点負けていても1打席で、もしかしたら負けを消すかもしれないし、勝ちになる可能性もあるってこと。1シーズン投げていても1本も打たなかたった奴が7勝、8勝だったら、2本、3本打てば、もう1勝する可能性がある。バッティング練習も、バント練習もそのためにやらせているけど、結果でないのであれば、個人的に出るようにしないといけないよな」。これは、2日に松坂が自ら進んで打撃練習を行ったことを聞いた森繁和監督の言葉である。その森監督の発案で、3日のランチ特打が行われた。

「大野がどう思ってくれるかによって変わるだろう」とも森監督は話し、昨季40打数無安打に終わった大野雄大の名前を出していた。このランチ特打、決してファンサービスではない。大野の名前こそ出したが、指揮官は、チーム内における打撃面への意識の変化を実際に求めているのだろう。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」