野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 胸の思いを優先―田中将大が明かしたヤ軍残留の理由、NYメディアを“魅了”!?

胸の思いを優先―田中将大が明かしたヤ軍残留の理由、NYメディアを“魅了”!?

昨季終了後、契約を破棄してFAとなれる「オプトアウト」を行使しなかった田中将大投手が、地元メディアにヤンキース残留の理由を語っている。日本では「ヤンキースは特別なチーム」などと名門球団への“愛”について語ることもあったが、米メディアには「自分の気持ちに従った」と語ったことが話題となっている。

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

「正しい選択を下したのは誰が見ても明らか」、残留を決断した理由も話題に

 昨季終了後、契約を破棄してFAとなれる「オプトアウト」を行使しなかった田中将大投手が、地元メディアにヤンキース残留の理由を語っている。日本では「ヤンキースは特別なチーム」などと名門球団への“愛”について語ることもあったが、米メディアには「自分の気持ちに従った」と語ったことが話題となっている。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 好不調の波が激しかった昨季、レギュラーシーズン終盤に本来の姿を取り戻すと、ポストシーズンでは圧巻の投球を披露。チームをリーグ優勝決定シリーズに導いた。2014年に7年総額1億5500万ドル(約170億円)の大型契約でヤンキースに加入した右腕だが、4年目終了時点で「オプトアウト」できる権利が盛り込まれており、さらにいい条件を求めてFAを選ぶ可能性が高いというのが大方の米メディアの予想だった。

 しかし、ヤンキースでの世界一を最大の目標に掲げる田中は残留を決断。声明文ではヤンキースでプレーできる喜びを明かしつつ「ヤンキースに残るという決断は私にとって決して難しいものではありませんでした」と綴っていた。そして、2月1日に羽田空港から渡米した田中は、7日(日本時間8日)にキャンプ地もあるフロリダ州タンパのマイナー施設で自主トレを行い、残留決断後初めて対面したニューヨークメディアの取材に応じたという。

 地元紙「ニューズデイ」によると、右腕は通訳を介して「自分の胸の中に秘める思いを優先しました。可能性は確かにありましたが、自分にとって大事なのは自分の気持ちに対して素直になることなので、そうすることにしました」と話している。今オフはFA市場の動きが史上稀に見るスローペースで、MLB側と代理人、選手会が“舌戦”を繰り広げるなど、泥沼化の様相を呈している。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」