野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

サファテ、デスパイネら投打に軸が揃う 2018年ソフトバンク外国人チェック

キャンプも中盤、各球団の練習に外国人選手の顔ぶれも揃い始めた。今年の12球団の外国人選手の陣容をチェックしていこう。

ソフトバンクのデニス・サファテ【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのデニス・サファテ【写真:藤浦一都】

昨季、サファテはMVPを獲得

 キャンプも中盤、各球団の練習に外国人選手の顔ぶれも揃い始めた。今年の12球団の外国人選手の陣容をチェックしていこう。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

ソフトバンク(成績はNPB通算)

投手
モイネロ22歳 1年 34試合4勝3敗1S15H防御率 2.52
バンデンハーク32歳 3年 53試合29勝10敗0S0H 防御率3.18
サファテ36歳 7年 421試合26勝20敗229S48H 防御率1.55
スアレス26歳 1年 58試合2勝6敗1S26H 防御率3.19

 12球団でも屈指の外国人投手陣だと言えよう。昨年、MVPに輝いたサファテは4月9日に37歳になる。しかし、効率的で走者を許さない投球は今季も衰えることはないだろう。

 NPBに来て4年目のバンデンハークは、昨年春はWBCのオランダ代表として侍ジャパンを苦しめたが、シーズンに入っても安定感を見せ13勝を挙げた。日本の野球に慣れて、ローテの一角をしっかりと担っている。

 スアレスは1年目の2016年にセットアッパーとしてまずまずの成績を挙げたが、WBCベネズエラ代表として参戦中に右腕を痛め、3月にアメリカでトミー・ジョン手術を受けた。復帰は今年の夏以降になるだろう。

 モイネロはキューバ出身の左腕。彼も昨年はWBCキューバ代表としてプレーしたのち来日、5月に育成登録されたが、好投を見せて6月には支配下登録、右投手が多いソフトバンクにあって、貴重な左のワンポイント、セントアッパーとして活躍した。結果的にスアレスの穴を埋めた形だ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」