野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 海外
  • MLBスカウト陣もスピードガン用意 進化遂げる中日育成キューバ人右腕の夢

MLBスカウト陣もスピードガン用意 進化遂げる中日育成キューバ人右腕の夢

中日育成のキューバ代表ライデル・マルティネス投手が、カリビアンシリーズでチームの守護神として成長を遂げた。

中日育成のキューバ代表ライデル・マルティネス【写真:Getty Images】
中日育成のキューバ代表ライデル・マルティネス【写真:Getty Images】

中日育成の21歳マルティネスが進化、「いつかは日本プロ野球最速のボールを」

 中日育成のキューバ代表ライデル・マルティネス投手が、カリビアンシリーズでチームの守護神として成長を遂げた。今年、日本で2年目のシーズンを迎える若き21歳右腕はキューバ代表にとっても期待の星。1次リーグでは2セーブを挙げ、決勝トーナメント進出に貢献。準決勝ではピンチで逆転を許し、決勝進出を逃す悔しさも味わったが、先につながる大きな経験を手に、今大会を終えた。

【PR】今季は11球団主催試合を配信 DAZNの“トリセツ”楽しむためのポイントは?

「抑えを任され、たくさんの経験をさせてもらったことに感謝している。この大会はとても充実していたし、将来はキューバ代表で先発もできるように頑張りたい」

 190センチの長身から投げ下ろす直球が最大の武器。来日1年目の昨季は2軍で7試合に登板。1勝2敗、防御率5.96と納得いく成績を残すことはできなかった。だが今オフ、キューバの国内リーグでは最速95マイル(約153キロ)を記録。常時150キロ前後の球が投げられるようになると、国際大会での経験豊富なベテラン勢が多い中、国内リーグに続き、カリビアンシリーズでも守護神に抜擢された。

 キューバでは連日、ブルペンで50~60球を投げ込んできたといい「まずは日々練習すること。球も速くなってきているし、いつかは日本プロ野球最速のボールを投げられるようになりたい」と、目を輝かせた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」