野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • ダル争奪戦の“大穴”はフィリーズ!? 米メディア、獲得しても「驚くなかれ」

ダル争奪戦の“大穴”はフィリーズ!? 米メディア、獲得しても「驚くなかれ」

ドジャースからFAとなったダルビッシュ有投手の争奪戦は、2月に入ってようやく候補が絞れられてきた。ツインズ、ブルワーズが1億ドル(約110億円)を超えるオファーを出したと報じられており、ヤンキース、ドジャースは高年俸の選手を放出して贅沢税を回避するメドが立たなければ、動く可能性が低いと見られている。また、カブスも複数メディアが本命視しているが、密かに“ダークホース”が浮上してきた。

去就が注目されるダルビッシュ有【写真:Getty Images】
去就が注目されるダルビッシュ有【写真:Getty Images】

本命にカブス、ツインズの名前が挙がる中…フィリーズが獲得しても「驚くなかれ」

 ドジャースからFAとなったダルビッシュ有投手の争奪戦は、2月に入ってようやく候補が絞れられてきた。ツインズ、ブルワーズが1億ドル(約110億円)を超えるオファーを出したと報じられており、ヤンキース、ドジャースは高年俸の選手を放出して贅沢税を回避するメドが立たなければ、動く可能性が低いと見られている。また、カブスも複数メディアが本命視しているが、密かに“ダークホース”が浮上してきた。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ESPNが未契約FA選手の移籍先を予想した特集記事。「ベストの選択」がツインズとされた一方で、「驚くなかれ」として名前が挙がっているのがフィリーズだ。スクープを連発することで知られる米メディア「ジ・アスレチック」の敏腕記者ケン・ローゼンタール氏がすでに報じていることから、決して可能性が低いということではなさそうだ。

 特集では、市場に残るFA選手が「契約する可能性のある球団と、各選手が抱えるリスク」を分析。ダルビッシュはトップで登場し、「ツインズにまつわる噂はまだ収まってはいない。ツインズはチーム防御率がア・リーグ10位となった投手陣を強化するため、ベリオス、サンタナに続く先発投手を必要としている」と分析されている。

 ツインズは低迷期から抜け出し、昨年はプレーオフに進出。ワイルドカードゲームでヤンキースに逆転負けを喫したが、野手には有望株が多く、さらなる躍進が期待されている。補強ポイントは投手で、レンジャーズのGM補佐時代にダルビッシュ獲得に尽力したサド・レヴィーンGMの存在もあって、争奪戦で積極的な動きを見せてきた。

「ツインズには(投手の)必要性も、費やす予算も備わっている。マウアーの年俸2300万ドル(約25億円)の契約は2018年で終了し、2019年シーズンに1000万ドル(約11億円)を超える選手はサンタナだけとなる。ツインズにとって、一歩踏み出しワイルドカードを得た昨シーズンから向上する時は今だ」

 カブスが本命とする声が多い中、ESPNがツインズを推す理由は十分すぎるほどある。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」