野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

実績あるウルフ&メヒアはいるが不安残る…2018年西武助っ人チェック

昨季2位の西武ライオンズはオフに4人の外国人投手を放出し、新たに2投手を獲得した。

昨季後半は控えに回る機会も多かった西武・メヒア【写真:編集部】
昨季後半は控えに回る機会も多かった西武・メヒア【写真:編集部】

新たに2投手を獲得した西武

 昨季2位の西武ライオンズはオフに4人の外国人投手を放出し、新たに2投手を獲得した。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武ライオンズの今季の外国人選手は以下。※成績はNPB通算。

〇投手
ワグナー34歳(新加入)
カスティーヨ28歳(新加入)
ウルフ37歳 NPB8年 52勝36敗3S8H、防御率3.31
郭俊麟26歳 NPB3年 3勝10敗0S0H、防御率6.00

 ワグナーは、183センチ、98キロの右腕。2005年ドラフト21巡目でインディアンスに入団した。アスレチックス、ブルージェイズで救援投手として3シーズン投げて、52試合2勝4敗15ホールド、防御率4.92。2013年にはブルージェイズで中継ぎ投手として36試合に投げている。マイナーではイニング数を超える奪三振を奪っている。一方、四球も比較的多い。150キロ超の速球とスライダー、チェンジアップ。それほど精度の高い投手ではないが、スタミナはありそうだ。制球力がカギではないか。

 カスティーヨはドミニカ共和国出身。185センチ、107キロのがっちりした右腕。2006年にレンジャーズに入団。10年もの間マイナー暮らし。2016年はKBO(韓国プロ野球)のハンファで7勝4敗、防御率6.43、昨年はアメリカに復帰してドジャースからMLBに昇格。2試合1.1回を投げて自責点2、0勝0敗、防御率13.50。MLBでの実績は乏しいが、先発、救援ともに経験がある。起用法がカギだろう。

 ウルフは昨年4月、6月と防御率1点台。菊池雄星に次ぐ先発投手として安定感があったが、8月以降は打ち込まれる試合が多くなった。昨年11月29日に37歳になった。多くは期待できないのではないかと思われる。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」