野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • 米紙が報じたダル争奪戦の“裏側” ブルワーズの関心度は「誇張されてた」?

米紙が報じたダル争奪戦の“裏側” ブルワーズの関心度は「誇張されてた」?

ドジャースからFAとなっていたダルビッシュ有投手は、カブスと契約合意に達したと報じられた。ツインズとブルワーズは総額1億ドル(約109億円)超のオファーを出したと伝えられるなど、最後まで熱心だったとされている。ただ、ブルワーズについては、「関心度が誇張されていた」と地元メディアが伝えている。

カブスとの契約合意が報じられているダルビッシュ有【写真:Getty Images】
カブスとの契約合意が報じられているダルビッシュ有【写真:Getty Images】

カブスと6年契約に合意、ブルワーズは最後まで有力候補と見られていたが…

 ドジャースからFAとなっていたダルビッシュ有投手は、カブスと契約合意に達したと報じられた。長期化した争奪戦では、ツインズ、ブルワーズ、ヤンキース、ドジャース、レンジャーズ、フィリーズ、アストロズなどの名前も挙がり、徐々に有力候補が絞られていく形に。特に、ツインズとブルワーズは総額1億ドル(約109億円)超のオファーを出したと伝えられるなど、最後まで熱心だったとされている。ただ、ブルワーズについては、「関心度が誇張されていた」と地元メディアが伝えている。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 バッテリー組のキャンプイン直前にようやく決着したダルビッシュ争奪戦。カブスと6年1億2600万ドル(約137億円)、出来高を含めると最大で1億5000万ドル(約163億3000万円)となる契約で、カブスが制した形となった。

 決着の直前まで有力候補の1つと見られていたのが、カブスと同じナ・リーグ中地区に所属するブルワーズだ。昨年はカブスに次ぐ地区2位でレギュラーシーズンを終えたものの、ワイルドカードには1ゲーム差届かず。しかし、若手は充実しており、オフにはロレンゾ・ケイン外野手、クリスチャン・イエリッチ外野手らを補強。さらなる躍進へ向けて、積極的な動きを見せていた。

 そして、ダルビッシュに対しても、ツインズとともに総額1億ドルを超えるオファーを出していると伝えられていたが、地元紙「ミルウォーキー・ジャーナル・センチネル」は「ブルワーズのダルビッシュへの関心度の報道は誇張されていた」とのタイトルで争奪戦の“裏側”を報じている。

 記事では「ミルウォーキー・ブルワーズのファンの間には2つの不安が現れている。1つはブルワーズがダルビッシュに9桁(1億ドル)のオファーを出すほど入れ込んでいたという報道から来ている。もう1つは彼が恐ろしきカブスに行き、ナ・リーグ中地区のライバルがさらに勢力を増した事実から来ている」と指摘。その上で、執筆者は「1番目については見当違いのようだ。土曜の夜、私はブルワーズのダルビッシュへの関与は大幅に誇張されていたということを聞いた」と記している。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」