野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

血行障害が発覚した最速154キロ・鷹18歳左腕の今 意識する同級生の存在

やはり秘めたる能力はダテじゃない。左腕から繰り出されるボールは、今時の言葉で言えば“エグい”。

ソフトバンク・古谷優人【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・古谷優人【写真:福谷佑介】

宮崎キャンプ第3クール初日の11日にブルペンでキャンプ最多の83球

 やはり秘めたる能力はダテじゃない。左腕から繰り出されるボールは、今時の言葉で言えば“エグい”。唸るような真っ直ぐが、キャッチャーミットを強く叩き、切れ味鋭いスライダーはブルペンキャッチャーが取りこぼしてしまうほど。まだ制球には改善の余地はあるものの、持っているボールは一級品であると再確認させられた。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの古谷優人投手。2016年のドラフト2位で北海道の江陵高から加入した左投手である。昨秋に胸郭出口症候群による左腕の血行障害が発覚。手術を回避し、投薬治療を選択した18歳が慎重に、だが少しずつ、前に歩みを進めている。

 軽い故障もあり、キャンプはB組からも外れ、リハビリ組として別メニューでスタート。第1クール3日目の2月3日に、キャンプ初のブルペンでの投球練習を行うと、第2クールにも1度、ブルペン入り。第3クールがスタートした11日には、今キャンプ最多の83球を投じ「状態は大丈夫。問題なくやれています」と語った。

 今年の宮崎キャンプは例年にないほどに寒い日が続く。そのせいもあって、まだ日によって、冷え感や痺れといった症状が出ることもある。ただ、本人にネガティブなところはない。日々、宿舎の自室では、持ち込んだ機器を使って血行を良くする炭酸泉に入浴。B組への完全合流も目前に迫っており、この第3クールでは2度のブルペン入りを予定している。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」