野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • マーリンズ本拠地の名物オブジェ、本当に撤去? ジーター氏「わからない」

マーリンズ本拠地の名物オブジェ、本当に撤去? ジーター氏「わからない」

マーリンズの新オーナーに就任し、チーム再建へ向けて“改革“を進めるデレク・ジーター氏が、撤去の可能性が伝えられている本拠地マーリンズパーク名物の巨大オブジェ「ホームラン・フィーチャー」について言及した。地元紙「マイアミ・ヘラルド」が伝えられている。

マーリンズのオーナーを務めるデレク・ジーター氏【写真:Getty Images】
マーリンズのオーナーを務めるデレク・ジーター氏【写真:Getty Images】

経費削減を進めるマーリンズ、地元で注目集まる巨大オブジェの行方は?

 マーリンズの新オーナーに就任し、チーム再建へ向けて“改革“を進めるデレク・ジーター氏が、撤去の可能性が伝えられている本拠地マーリンズパーク名物の巨大オブジェ「ホームラン・フィーチャー」について言及した。地元紙「マイアミ・ヘラルド」が伝えている。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 最高経営責任者(CEO)でもあるジーター氏のもとで行われているマーリンズの“改革”は波紋を広げている。経費削減のために主力を大量放出し、球団で仕事を持つ元選手、元監督らレジェンドを立て続けに解雇したことでも、地元メディアやファンから批判が噴出。そして、球場の設備や試合中のイベントの“変化“にも注目が集まり始めている。

 マーリンズは「ビリー・ザ・マーリン」と呼ばれるカジキマグロの球団マスコットの“中の人”であるジョン・デチッコさんを“解任”。今季から違う人物が着ぐるみの中に入ることになった。

 また、マーリンズ・パーク開場の2012年から公式戦の試合中に行われている「グレート・シー・レース」も今季から取りやめる方針だと、米メディアが報じている。「グレート・シー・レース」は、マーリンズの“海の生き物マスコットレース”で、6回表終了時に開催されていた。4つの海の生物が「ウォーニング・トラックを駆け抜け左翼の端まで行き、その後は三塁にあるゴールまで走っていく」もので、球場の盛り上げに一役買っていたが、これも中止になると伝えられている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」