野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

“汚い”から“汚すぎる”真っ直ぐに ホークス3年目育成右腕が狙う支配下の座

楽しみな素材が主力が集まるA組の門を叩いた。ソフトバンクの宮崎キャンプ。11日からスタートした第3クールで寺原隼人、笠原大芽、笠谷俊介、そして注目を集めている育成選手の長谷川宙輝に加え、もう1人、育成選手がA組昇格を果たした。

今季で3年目を迎えるソフトバンク・野澤佑斗【写真:福谷佑介】
今季で3年目を迎えるソフトバンク・野澤佑斗【写真:福谷佑介】

15年育成ドラ1で入団の右サイドハンド野澤「まずは背番号を1桁減らしたい」

 楽しみな素材が主力が集まるA組の門を叩いた。ソフトバンクの宮崎キャンプ。11日からスタートした第3クールで寺原隼人、笠原大芽、笠谷俊介、そして注目を集めている育成選手の長谷川宙輝に加え、もう1人、育成選手がA組昇格を果たした。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 それが、今季で3年目を迎える野澤佑斗投手である。

 2015年の育成ドラフト1位でつくば秀英高校からソフトバンク入り。1年目は結果が出なかったものの、2年目に大きく変貌を遂げた。マリナーズの守護神エドウィン・ディアス投手の動画を参考に、ストレートの握りをそれまでのフォーシームからツーシームに変更。すると、制球が安定し、しかも手元で動くボールが抜群の威力を発揮した。

 育成選手ながら、2軍の中継ぎ陣の一角を担い、ウエスタンリーグ42試合に登板。44回1/3で2勝1敗1セーブ、防御率1.02の好成績をマークした。真っ直ぐは全てがツーシーム。昨季途中には“汚い真っ直ぐ”として紹介した。その右腕の真っ直ぐが一冬越え、さらに威力を増した。

「去年に比べて、変化の量が大きくなりました。コントロールするのは難しくなっていますけど、まだ時間はあるので慣れていけたらいいです」

 昨季までの“汚い真っ直ぐ”が、このキャンプでは“汚すぎる真っ直ぐ”になっているのだという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」