野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

いつしか消えたトレードマークの笑顔 2度の手術から復活期すオリ5年目右腕

2度の手術を乗り越え、復活への手応えを感じている男がいる。「このキャンプはいい感覚で投げられています。昨年のこの時期に比べても状態はいいですね」。そう笑顔で語るのはオリックス・東明大貴投手。ブルペンで感触を確かめながら力のあるボールを投げ込んでいた。

オリックス・東明大貴【写真:編集部】
オリックス・東明大貴【写真:編集部】

15年に10勝も翌年から2年連続で右肘手術、復活目指すオリ東明

 2度の手術を乗り越え、復活への手応えを感じている男がいる。「このキャンプはいい感覚で投げられています。昨年のこの時期に比べても状態はいいですね」。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 そう笑顔で語るのはオリックス・東明大貴投手。ブルペンで感触を確かめながら力のあるボールを投げ込んでいた。

 ルーキーイヤーの2014年に先発、中継ぎとフル回転し26試合に登板し5勝を挙げると、翌年は先発ローテに定着し10勝をマーク。順調にプロの階段を上っていくように見えたが甘くはなかった。

 16年は1勝10敗と大きく負け越しオフには違和感のあった右肘を手術。17年にも再び右肘の違和感を訴え2年連続で右肘にメスを入れることになった。

 16年、17年は投球時の体重移動を変えるなど、試行錯誤しながらもがき続けた2年間だった。肘の状態も思うように上がらず、1軍で投げれば痛打を浴びる。トレードマークだった笑顔は次第になくなっていった。「痛くないと思っても、無意識に手術した箇所をかばって投げていたと思います。その違和感を取れなかった」と振り返る。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」